2013/04/20(土)「相棒シリーズ X-DAY」

 恐らく脚本家はパソコンの知識にも金融市場の知識にも乏しいのだろう。この程度の脚本で映画を撮ろうとするのは無茶だ。

 X DAYとは国が金融封鎖をする日を言う。そのX DAYを知ったところで国債の空売りには何ら関係がない。国債の暴落を当て込んで空売りするわけだから、金融封鎖の日を知っても、その時には既に国債が暴落しており、空売りするには遅いのだ。だから犯人がX DAYを教えろと迫ることに説得力がない。この犯人、勘違いしている(脚本家も勘違いしている)。これ、根本的な欠陥。

 国債暴落時のシミュレーションを考えてみよう。国債が暴落すると、国債を大量に購入している金融機関の中には破綻するところが出てくる。ここで脚本家は取り付け騒ぎが起きると思ったのだろう。ところが、預金保険機構によって元本1000万円とその利子までは保護されることになっている。もちろん、そそっかしい預金者は銀行に駆けつけるかもしれないし、1000万円以上の預金がある人も慌てるだろうが、国が金融封鎖をするほどのことはない。

 金融封鎖のシミュレーションで銀行にシステム障害を起こすこと自体がバカバカしいが、これは立派な犯罪であり、こういうアホなことを画策した政府高官の方を逮捕すべきだろう。そこに話が向かわないのが不思議すぎる。

 このほか、動画投稿サイトにテキストデータをアップするというあり得ない設定やクライマックスに大量に舞う1万円札の無理な描写(あのトランクの1万円札に帯封はなかったのか、あれだけ舞うには相当の強風が必要だが、そんな描写もない)、犯人の逮捕容疑が殺人なのも大いに疑問(せいぜい過失致死)。これほど穴の多い脚本も珍しく、見ていて開いた口がふさがらない。

OK キャンセル 確認 その他