2003/09/24(水)「トゥームレイダー2」

 2年ぶりの続編で、監督がサイモン・ウエストから、「スピード」のヤン・デ・ボンに代わった。しかし、映画の印象は変わらない。アンジェリーナ・ジョリーとアクションは良い出来なのに、ドラマの部分が食い足りない。ヤン・デ・ボンの起用はアクション重視の結果だろうから仕方がないが、もう少しドラマティックな盛り上がりも欲しいところ。ララ・クロフトと元恋人の関係などはドラマティックな面を意識したのだろうし、クライマックスの処理はなかなかハードボイルドチックだが、これだけでは物足りない。これは相手役の男優(ジェラルド・バトラー)が弱いためでもある。アクションカタログであることを承知の上なら、それなりの満足はできるかもしれない。

 今回はパンドラの箱を巡る冒険である。ギリシャの大地震で海底にアレクサンダー大王の神殿が姿を現す。現場に着いたララ・クロフト(アンジェリーナ・ジョリー)は神殿で黄金の珠とメダルを見つけるが、不審な男たちが神殿を訪れ、ララから珠を奪い、ララの仲間2人を殺す。男たちの黒幕はノーベル賞受賞の科学者ジョナサン・ライス(シアラン・ハインズ)で、ライスは究極の生物兵器を手に入れようとしていた。珠は「生命の揺りかご」と呼ばれる地に隠された「パンドラの箱」の場所を示すものだった。パンドラの箱がライスの手に渡れば、人類滅亡の危機。ララはかつての恋人で収監されているテリー・シェリダン(ジェラルド・バトラー)の助力を得て、珠を奪い返そうとする。

 ギリシャから香港、上海、アフリカと舞台を変えて大がかりなアクションが繰り広げられる。基本は「インディ・ジョーンズ」なのだが、空中アクションが多いのを見ると、007も意識しているようだ。香港の繁華街でのアクションや高層ビルから飛び降りて滑空する場面など見事な出来と言ってよい。二丁拳銃を操るジョリーはカッコイイし、ちゃんと弾倉を替える描写があるのがうれしいところ。クライマックスには正体不明の怪物も出てくるなどサービス精神旺盛である(ここは何となく「ロード・オブ・ザ・リング」の雰囲気)。

 ビジュアル面では十分成功しているのだから、なおさら脚本に工夫が欲しいところ。アリステア・マクリーン的な仕掛けを取り入れるとか、ララと元恋人の描写を充実させるとか、いくらでも方法はあるはずだ。脚本のディーン・ジョーギャリスはこれがデビュー作とのこと。第3作を作るなら、脚本にも力を入れてほしい。

OK キャンセル 確認 その他