2016/02/24(水)amazonマスターカード・クラシック

 amazonでの買い物が多いので、ポイント還元率1.5%のamazonマスターカード・クラシックを即時審査サービスで20日に申し込んだ。申し込み受付メールが届いたのとほぼ同時(正確には8秒後)にテンポラリー・カードをアカウントに登録したとのメールが来た。本カードが発行されるまで、つなぎで使うカードだ。

 審査結果のメールは22日に届いた。審査が通ったのでカードを発行するとのこと。申し込みから審査終了まで土日を挟んだのにわずか2日。これは速い。普通のカード会社なら審査だけで1週間は軽くかかると思うが、amazonはこうしたことでも処理が速いのだった。といっても、カードの審査と発行は三井住友カードなんですがね。

 審査がこんなに速いなら、テンポラリーカードは要らなかった。審査中やカード配送中でも他のカードは使わせないということか。ビジネスチャンスは絶対逃さないという意識が徹底している。見上げたものだと思う。

 これでクレジットカードはデビットカード(キャッシュカード兼用)を含めて9枚。いくらなんでも多すぎるのでポイント還元率が最も低いSBIカードはポイントのキャッシュバックを済ませたら解約することにした。

「おそ松市 in MIYAZAKI」

 カードと言えば、エポスカード関連のイベントで「おそ松市 in MIYAZAKI」が3月17日から宮崎市のボンベルタ橘で開かれるそうだ。リアルサウンド映画部の記事「『おそ松さん』ブームはさらに加速する? 雑誌やグッズが軒並み好調のワケ」で知った。

 イベント内容を見ると、「おそ松さん」関連のグッズ販売と街歩き謎解きイベント、抽選会などで、あまり大したことはない。「市(いち)」なのでグッズ販売が中心になるのだろう(タイトル見た時には宮崎市=おそまつな市、の意味かと思った)。人気絶頂の「おそ松さん」でどれぐらい集客できるか気になるところだ。県外からの参加を見込んで特典付きの宿泊パックまで用意しているところがすごい。

OK キャンセル 確認 その他