2002/05/25(土)「少林サッカー」

 香港で大ヒットした周星馳(チャウ・シンチー)主演のサッカー・コメディ。今や日本では周星馳よりも馳星周の方が有名だろうが、馳星周が周星馳の名前をひっくり返してペンネームにしたのは有名な話。パンフレットにも「周星馳の作品は全部見ている。サッカーも大好きだ。その上で断言する。『少林サッカー』は21世紀最初の大傑作だ」とのコメントを寄せている。

 パンフレットに寄せられたコメントの中で最も納得したのは、みうらじゅんの「『燃えよドラゴン』以来の感動である。『アストロ球団』以来の突拍子のなさである。正しいCGの使い方に脱帽である」との言葉。これは正しく「アストロ球団」でしょう。いや、「アストロ球団」だけでなく、「あしたのジョー」や「シコふんじゃった。」も入ってる。スポーツ映画の定石を踏まえ、軽快さに徹した作りが極めて気持ちのよい映画である。

 少林寺の達人で少林寺を広めることに情熱を持っているが、社会的には落ちこぼれのシン(チャウ・シンチー)と、20年前、八百長をしたことでスター選手の座を追われたファン(ン・マンタ)が出会う。シンの鋼鉄の足に目を付けたファンはサッカーチームを作り、全国大会に出場しようとする。シンはかつて少林寺拳法をともに学んだ兄弟子、弟弟子たち5人を訪ね歩くが、いずれもかつての技術は残っていない。優勝すれば100万ドルという言葉に釣られて集まったメンバーは、最初の練習試合でボロボロにされるが、ふとしたことでかつての力を取り戻す。全国大会に出場したシンたちのチームは連戦連勝。ついに決勝へと勝ち進む。決勝の相手は20年前、ファンに八百長を持ちかけ、足を折らせたハン(パトリック・ツェー)のチーム魔鬼隊。筋肉増強剤と過酷なトレーニングで人間とは思えない力を持ったチームにシンたちは一人また一人と倒されていく。

 香港では大ヒットしたため、途中からシーンを追加したロングバージョンが公開された。日本公開版もこのロングバージョンで、チームをつくるまでがやや間延びしているのはそのためだろう。それが小さな傷にしか思えないのは、例えば、シンの靴と太極拳の達人のムイ(ヴィッキー・チャオ)を巡るエピソードや、ハンに虐げられるファンの浪花節的エピソードなどが抜群の大衆性を兼ね備えているためだ。これがこの映画の強みだろう。

 「アストロ球団」を思わせるのは、計489カ所に使われたというCGで、登場人物たちの目はメラメラと燃え、蹴ったサッカーボールは炎を上げ、風圧で芝生を抉り、壁をぶち抜く。落ちこぼれが試合に勝っていく快感と描写のエスカレーションがうまく相乗効果を挙げている。

 ゲラゲラ笑わせてハッピーな気分にさせてくれるエンタテインメント。チャウ・シンチーの人柄の良さが画面ににじみ出ているのも良い。

2002/05/19(日)「パニック・ルーム」

 大金持ちが残したニューヨーク中心部の邸宅に引っ越したその日に、3人組の男が隠された遺産を狙って侵入してくる。母と娘が避難用の部屋(パニック・ルーム)に逃れ、男たちを撃退しようとするサスペンス。4階建てのこの家の階下から屋根までを自在に動き回るカメラはヒッチコックを大いに引用している。

 ヒッチコックのカメラは格子をすり抜けるぐらいだったが、デヴィッド・フィンチャーのこのカメラ、コーヒーメーカーの取っ手の間や鍵穴までもワンカット(のような効果)で通り抜けてしまう。3人組が押し入る際の長回しと合わせて、凝ったカメラワークが多い。ハワード・ショアのストリングを強調した音楽もヒッチコック映画のバーナード・ハーマンを思い出させる。

 ただ、結末がどうなるかは分かった話なので、中盤からどうも物足りなくなる。ジョディ・フォスターが閉所恐怖症であるという設定はあまり生かされないし、娘の糖尿病という設定もその場限りのものに終わっている。そもそもが発展しにくい話なのである。

 デヴィッド・コープの脚本は犯人側の仲間割れを挟み、力関係が揺れ動くのが面白い。フォレスト・ウィテカーの役柄なども陰影に富むものにしようとした形跡がうかがえる。だが、まだアイデアが足りないと思う。

 ジョディ・フォスターは基本的に知性派なので、暴力に対抗する場面にはちょっとリアリティがない(フォスターの胸が大きく見えるのは撮影中に子どもが生まれたためか?)。ひ弱な人物が過激な暴力を振るう描写に関して、フィンチャーはサム・ペキンパー「わらの犬」あたりを見習った方がいいだろう。

OK キャンセル 確認 その他