メッセージ

2003年05月26日の記事

2003/05/26(月)「アバウト・シュミット」

 保険会社を定年退職したウォーレン・シュミット(ジャック・ニコルソン)の話。ニコルソンはこれでアカデミー主演男優賞にノミネートされた。シュミットが退職後に会社に行っても相手にされず、家ですることもなくボーっとしていたり、42年連れ添った妻を内心では苦々しく思っている(「なぜ、こんな婆さんが自分の家にいるのだろう」とシュミットは思う)とかの序盤の描写はまあ、よくあるパターンでそれほど新鮮ではない。ある日、テレビを見ていたシュミットは「チャイルドリーチ」というプログラムに関心を持つ。発展途上国の恵まれない子どもに毎月22ドルを寄付する事業。子どもの養父として認められ、金と同時に手紙も送ることになる。その手紙が映画ではナレーション代わりとなっている。

 退職後しばらくして妻は掃除中に脳血栓で死ぬ。結婚を控えた娘(「アトランティスのこころ」の母親を演じたホープ・デイビス)が葬儀のために帰ってくるが、シュミットの世話をすることもなくさっさと帰ってしまう。シュミットは婚約者(ウォーターベッドのセールスマンでネズミ講まがいの投資話をシュミットにもちかける)が嫌いで、なんとか結婚を中止させようとするが、かえって娘の反発を買ってしまう。妻が買ったキャンピング・カーで思い出の地を訪ねたり、娘の婚約者の家庭で騒動が持ち上がったりと、小さなエピソードがユーモラスに綴られていく。

 初老の男性が主人公の映画というと、「ハリーとトント」などを思い出すのだが、こういう作品でも商売になるのがアメリカ映画の幅の広さと言える。かつてこういうジャンルは日本映画でもあったが、今やすっかりなくなってしまった。客が呼べないのだろう。

 「チャイルドリーチ」は「フォスター・プラン協会」という実在の組織(日本にも

LINK http://www.plan-japan.org/ 支部

がある)。映画はこれのPRっぽくなっているのが難だが、全体として良くできた大衆小説のような味わいがある。シュミットという男は独善的で、そばにはいてほしくないキャラクター。ニコルソンはこの嫌なキャラクターをユーモラスに演じている。かつてならウォルター・マッソーあたりが得意としていた役柄か。マッソーやジャック・レモンなら、ペーソスも感じさせただろうが、ニコルソンの凄みのある顔つきはペーソスとは無縁のように思う。

2003/05/26(月)「めぐりあう時間たち」

 純文学の趣。ただし、感心したのは純文学的な趣向ではなく、終盤の驚嘆すべき展開にある。1924年のバージニア・ウルフ(ニコール・キッドマン)と1951年のローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)、2001年のクラリッサ・ヴォーン(メリル・ストリープ)の3人の女性の1日を描くこの映画、終盤のミステリー的な趣向で一挙に3つの時代が交錯してくる。そうか、○○は●●の××だったのか、ということが分かったその後の展開にいたく感心した。ムーアとストリープの演技(特にストリープ)がこの場面を支えている。主演女優賞を取ったのは付け鼻で本人の面影がないキッドマンだったが、ストリープでもムーアでも良かったかもしれない。

 「リトル・ダンサー」に続いて監督2作目のスティーブン・ダルドリーの演出は知的で緊密な作業の積み重ねであり、デヴィッド・ヘアの脚本も見事。なぜこれが脚色賞を取らなかったのだろう。

 原作はピュリッツアー賞とペン/フォークナー賞を受賞したマイケル・カニンガムの小説。デヴィッド・ヘアは早い段階でナレーションに頼らない脚色を決めたという。だから、原作のこんなセリフもクラリッサの口から語られることになる。

まだまだ幸せの序の口だと思っていた。でも、あれから30年以上の時が流れ、クラリッサはときに愕然とすることがある。あれが幸せだったのだ。…今ならわかる。あれこそまさに至福の時だった。あのとき以外に幸せはなかった。

 3人の女はそれぞれに苦悩を抱えている。バージニアは精神を病み、ローラは日常に倦み、クラリッサはかつて恋人だったエイズの友人(エド・ハリス)に心を砕く。それぞれのエピソードが描かれる前半は、3人の演技と素晴らしい撮影とフィリップ・グラスのどこか「めまい」を思わせる音楽をもってしてもまあ、あまり心には響いてこない。他人の苦悩なんか知ったことか、という感じである。3つの時代のエピソードが絡まり合っていく過程で映画は輝き出す(1枚の写真でクラリッサとローラのつながりを見せるのがうまい)。と同時に前半の描写がじわりと効いてくる。

 いつも眉を寄せ、病んだ感じを漂わせるキッドマンの演技に作りすぎの感じは否めない。それに比べてストリープの自然な演技はさすがだと思う。ムーアの中流家庭の満たされない主婦役もよかった。

OK キャンセル 確認 その他