メッセージ

2004年06月15日の記事

2004/06/15(火)「深呼吸の必要」

 「お医者さんなんでしょっ。助けてあげてっ」と、ひなみ(香里奈)に言われた池永(谷原章介)が意を決して、足に大けがをした田所(大森南朋)の治療に当たる場面でなんだか涙がにじんだ。池永はその後、ひなみに自分が小児外科医で死んでいく子供を見送ることが耐えられずに宮古島に来たことを打ち明ける。子供が好きで小児科医になったのに、それ以上に子供の死ぬ姿を見なくてはいけないつらさ。それがサトウキビ刈りのバイト(きび刈り隊)に参加した理由だった。

 東京からきび刈り隊に参加した5人と全国の農家を渡り歩く田所と宮古島出身で帰郷した美鈴(久遠さやか)の7人の男女の物語。7人の男女はそれぞれ何かから逃げてきたらしい。池永と手首に傷のある無口な加奈子(長澤まさみ)とニヒルな大学生の西村(成宮寛貴)のエピソードがそれを物語るけれど、この映画で描かれるのは7人がただただキビを刈り、次第に交流を深めていく姿である。

 35日間で7万本のキビを刈る。広大なサトウキビ畑を前にして到底無理と思えたことが、自発的に1時間早起きして遅くまで作業することで達成されていく。最初は自分のために参加した7人が、人の良いおじい(北村三郎)とおばあ(吉田妙子)のために期限内に刈り終えようと変わっていく姿には胸を打たれる。

 映画はドラマティックなものをことさら強調せず、きび刈り隊に参加した男女の成長を描くとか、そういう部分も希薄である。7人の間にはロマンスさえ生まれない。なのに見ていてとても心地よく、感動的だ。メチャクチャ気持ちのよくなる映画である。

 映画の元になったのは長田弘の詩集「深呼吸の必要」だが、物語はもちろんオリジナルである。篠原哲雄監督はこの映画の脚本について、こう語っている。

「脚本は、あの島にやってくる7人7様の物語を、最大限語るという方法からスタートし、そこから映画的にどのように削ぎ落とし、省略し、簡潔に語るかという方向性をずっと試行錯誤して決定稿に近づいて、というやり方でした」(キネマ旬報2004年6月上旬号)

 きちんと背景を作った上で、それを削除していく作業。画面には直接描かれなくても、それは画面からにじみ出ることになる。そういう作業を経ているからこそ、この映画は洗練されているのだ。泥臭い感動の押し売りではなく、さわやかに人の心を動かすことはなかなか難しいことなのである。

 「朝は来るんだなあ。…いっぱい働いて、たくさん食べて寝れば、必ず朝は来るんだなあ」。それまで何も話さなかった加奈子が終盤そう言うあたりに監督の主張はさりげなく込められているのだろう。

 7人の俳優たちがいい。だれか一人だけいいというのではなく、全体としていい。6日目であまりの重労働に音を上げて、きび刈り隊を脱けようとする悦子(金子さやか)を含めて全員が素直な演技なので好感が持てた。

OK キャンセル 確認 その他