メッセージ

2005年12月21日の記事

2005/12/21(水)とにかく強烈で、壮絶な映画だった

 最近巡回する日記はRSSのあるところばかりなので、見逃していた。「町山智浩アメリカ日記」よりスピルバーグの「ミュンヘン」に関するコメント。予告編を見てもどういう映画かよく分からないのだが、そういう映画だったのか。テロの恐怖を「宇宙戦争」で比喩として描いたスピルバーグが今度は本当のテロを取り上げたわけだ。

 アメリカでは今週末公開。アカデミー賞の台風の目になるか?

OK キャンセル 確認 その他