2006/06/30(金)「Death Note 前編」

 「Death Note」パンフレット大場つぐみ・小畑健のベストセラーコミックを平成ガメラ3部作の金子修介監督が映画化。警察で対処できない犯罪者を主人公が殺すという始まりは警察内部の私設警察を描いた「黒い警察」や「ダーティハリー2」を思わせるが、この映画の場合、名前を書かれた人間は死ぬというデスノートを使うのでファンタジーっぽい様相がある。ただし、映画の魅力はファンタジーではなく、意外なストーリー展開とキャラクターの面白さの方で、ミステリ的な趣向の方にある。原作漫画を4巻まで読んでみたが、映画の脚色(大石哲也)は原作のエッセンスをコンパクトにまとめてあってうまいと思う。原作には登場しない主人公の恋人にクライマックス、劇的なドラマを用意しており、ここではっきりと主人公がダークサイドに落ちたことを明らかにしている。このあたりの驚きは最初から主人公に悪の雰囲気がある原作にはないものだ。デスノートの元の所有者である死神リュークのCGは良くできていて、原作よりも漫画チックな造型であるにもかかわらず、陳腐にはなっていない。金子修介のエンタテインメントの資質が良い方向に働いたと思う。2時間2分の上映時間のうち、少し冗長と思える部分もあるが、第2のキラと死神が加わって、夜神月(ライト)とLの対決が本格化する後編が楽しみになった。

 ガメラが登場してもおかしくない空撮で映画は始まり、ガメラのようなタイトルで物語が始まる。タイトル前にデスノートの効果を示すのが分かりやすい語り口。そこから映画は少しさかのぼってライトがデスノートを手にした経緯を語る。原作の高校生ライトはデスノートを拾ったことで、殺してもいい人間として犯罪者を選ぶが、映画のライト(藤原竜也)は司法試験一発合格の大学生で、裁ききれない犯罪者への怒りを感じてデスノートを利用する。犯罪のない新しい世界を作ろうと意図する善の男なのだ。ライトは次々に重犯罪者を殺していき、世間からキラと呼ばれるようになる。警察はキラの行為は大量殺人として、これまでさまざまな難事件を解決してきたというL(松山ケンイチ)に協力を仰ぐ。Lはライトが関東地方に住むことを突き止め、捜査情報が漏れていることから内部に関係者がいると見抜く。ここからライトとLの駆け引きが描かれていく。これに絡むのがFBI捜査官の恋人をライトに殺された南空(みそら)ナオミ(瀬戸朝香)。ナオミはライトを怪しいとにらみ、周辺を調べ始める。

 ライトは超エリートで悪の主人公なのだが、演じるのが藤原竜也なので脚本の意図通り、単純な悪人には見えない。対するLのキャラクターはいかにも変人で不気味なメイク。善と悪が入れ替わってもおかしくない作りなのが面白い。脚本は原作の設定を尊重しながら、原作にはないさまざまなエピソードを取り入れている。知略を尽くしたライトとLの戦いというのは映画の方がより分かりやすく描かれているし、犯罪者たちの死の描写を取り入れたことでドラマに厚みもあると思う。脚本の大石哲也はこれまでテレビのミステリドラマが中心で、この映画のミステリ的な雰囲気もそれが功を奏したのかもしれない。

 ライトの恋人を演じる香椎由宇は、犯罪者はあくまで法律で裁くべきというライトとは対照的な考え方の持ち主として描かれ、非日常的な物語を抑える役目を果たして好演。ライトの父親の鹿賀丈史も堂々とした演技で良かった。

2006/06/26(月)「欲望」

 小池真理子はこの小説で直木賞を受賞したと僕は勘違いしていた。これではなく、この前の「恋」だった。「恋」を読んだ後、続けてこの小説を読んだので、混ざってしまっていた。

 「欲望」は1997年に出た本で島清恋愛文学賞受賞。それを篠原哲雄監督が板谷由夏主演で映画化した。高校時代に交通事故に遭い、性的不能になった青年と2人の女の物語。板谷由夏扮する青田類子は中学時代から正巳(村上淳)が好きだったが、正巳は美人の阿佐緒(高岡早紀)を好きだと思っている。3人は事故後、会っていなかったが、31歳年の離れた精神科医(津川雅彦)と阿佐緒が結婚したことで再会を果たす。正巳が不能であることを阿佐緒は知らない。類子には不倫相手がいるが、徐々に正巳への愛を確信していく。そういうシチュエーションで悲劇的な物語が展開する。

 映画の出来としては悪くはないが、誤算は村上淳が美青年と呼べるほどハンサムではないこと。「君は完璧な美しさを持った青年だ」と津川雅彦が言うほど美しいとはとても思えない。この役は木村拓哉あたりが演じないとダメではないか。完璧に美しいのに性的不能という悲劇が村上淳程度では際だたないのだ。だいたい、あのお尻の刺青はなんだ。

 不能であっても欲望はあり、はけ口がない分、苦しむことになる。そういう部分がメインになるのかと思ったら、やはり女性視点の映画なので、限界はある。

 R-18指定だが、「マンダレイ」ほどどぎついシーンはない。原作者の小池真理子はこの映画のラブシーンが「いやらしくない」と褒めていたが、こういうのって、いやらしくないと(という言い方はいやなので、もっと官能的じゃないと)不能の悲劇性も浮き彫りにならない気がする。篠原哲雄の演出は女性客を意識したのか、極めて上品。根岸吉太郎あたりなら、思い切り官能的にしてもっと切実さを出したと思う。

 板谷由夏は「運命じゃない人」の方がきれい。この人、ショートカットの方が似合うのではないか。

2006/06/24(土)「マンダレイ」

 「マンダレイ」パンフレットラース・フォン・トリアー監督のアメリカ3部作の第2弾。前半は「ドッグヴィル」と同じような話だなと思い、退屈だったが、後半面白くなる。これは異常な共同体を描いた映画だと思う。終盤、この共同体の真実が明らかになり、それまでの見方を変えざるを得なくなる。こういう話、世間から隔たった狭い集団の中ではよくある話。集団だけの規則を作り、世間とは独立して独自の世界を築き上げていく。サイコな宗教集団などにありそうだ。この異常な世界に入った主人公のグレース(前作のニコール・キッドマンに代わってブライス・ダラス・ハワード)は表面的な部分を見て民主的な改善をしようとするのだが、表面とは違ったねじれた世界なので、そのしっぺ返しを食うことになる。

 この前半のグレースの行為はほとんどお節介から始まったとしか思えず、そこがこの映画の弱いところ。ただし、終盤の展開で盛り返した印象がある。この映画、正義を振りかざして他国の内政に干渉するアメリカへの皮肉にはなっているかもしれないが、奴隷制度や黒人差別などのまともな批判になっているかというと、全然なっていない。トリアーも本気でそういう趣旨を込めたわけではないだろう(本気なら何か勘違いしている)。「ドッグヴィル」ほどの完成度はないにせよ、これも興味深い話だ。思えば、「ドッグヴィル」は支配と被支配の関係が固定されたことによって村人が邪悪に変わっていく話だった。「マンダレイ」は支配と被支配の関係から抜け出せず、それを維持しようとしてねじ曲がった人々の話と言える

 「ドッグヴィル」同様、簡単なセットで映画は展開する。1933年、ドッグヴィルを焼き払ったグレースとギャングの父親(ウィレム・デフォー)はデンバーで縄張りが荒らされていることを知り、アラバマへ向かう。マンダレイという名前の農園で一人の黒人女がグレースに助けを求めてくる。屋敷の中では黒人男がむち打たれようとしているところだった。奴隷制度は70年前に終わったのに、ママと呼ばれる女主人(ローレン・バコール)が支配するこの農園ではまだそれが続いていた。黒人の苦境を見たグレースは父親と別れてマンダレイに残る。女主人は間もなく死ぬが、死ぬ前にグレースにマットレスの下に隠された本を処分するよう頼む。それは農園の決まりや黒人たちを分類した“ママの法律”だった。グレースは奴隷を解放して農園を民主的に改善しようとする。しかし、黒人たちは働かなくなり、小屋を修理しようと庭の木を切ったために農園は砂嵐に襲われる。木は防風林の役目を果たしていたのだ。

 グレースが農園に持ち込むのは自由と民主主義で、それまでママの法律に沿って営まれていた農園は多数決で物事を決めるようになる。その結果、グレースには過酷な任務が待ち受けることになる。これは民主主義の皮肉さを描いているのだろうが、展開として優れているわけではない。僕が感心したのはこの集団の異常さで、このあたりはトリアーの本質が出た部分と思う。トリアー、こういう気持ちの悪いシチュエーションを描かせると、本領を発揮する。万人向けの映画ではないが、オリジナリティのある変わった映画であることは確かだろう。

 ブライス・ダラス・ハワードはキッドマンほどの美貌はないけれど、清楚な役柄にはぴったり。R-18指定の要因になったと思われる過酷な場面もこなしており、「ヴィレッジ」よりも成長した跡がうかがえる。

2006/06/22(木)「岸和田少年愚連隊」

 中場利一原作を映画化した1996年の井筒和幸監督作品。

 今見ると、「パッチギ!」よりは随分落ちる印象。喧嘩に明け暮れる2人の中学から高校までの話。ホントに喧嘩だけの話でそれ以外の要素が少ないことが弱さにつながっている。それでもキネ旬6位だが、評価が甘いのではないか。岡村と矢部が中学生にはとても見えず、高校生の話かと思っていた。

 1975年の大阪が舞台。「パッチギ!」同様に当時の歌が流れるけれど、それほどの効果は上げていない。「イムジン河」のような核になる歌がないからだろう。

2006/06/21(水) 午後10時から午前4時までの予告編

 「Texas Chainsaw Massacre: The Beginning」の予告編にはそういう断り書きがあった。その時間帯にしか見られない。このインターネットの時代にそういう制限はあまり意味がない気がする。アクセスした人のパソコンの時間を調べて、見られないようにしていれば、大したものだが、アメリカ時間を基準にした制限なのでしょうね。

 この映画、もちろん「悪魔のいけにえ」の前日談らしい。そういう映画に大した作品がないのと同様のことになる気がする。監督はジョナサン・リーブスマン。IMDBによると、この人、「13日の金曜日」シリーズの新作の監督も務めるらしい。

OK キャンセル 確認 その他