メッセージ

2006年11月28日の記事

2006/11/28(火)「火火」

 女性陶芸家の話とばかり思いこんでいたら、骨髄移植の話だった。allcinema onlineのあらすじを引用すると、「独創的な信楽自然釉を発表し、女性陶芸家として高い評価を受ける一方、長男の発病をきっかけに骨髄バンク運動を展開、公的骨髄バンク設立に大きな役割を果たした女性としても知られる神山清子の力強い生きざまを映画化した真実の物語」となる。

 これは田中裕子でなければ成立しない映画だと思う。その存在の自然さ、おかしさ、悲しさをリアルに表現して、悲しいシーンなのにユーモアがあり、おかしいのに泣かせる。血肉の通ったキャラクターであり、一筋縄ではいかない複雑さを表現している。この映画と「いつか読書する日」を見れば、主演女優賞もうなずける。うまいなあ。

 場面は少ないが、石田えりもおばさんっぷりが良く、前半で消えてしまうが、池脇千鶴もいい。池脇千鶴は田中裕子になれる女優じゃないかと思う。黒沢あすかはまだまだ勉強することが多い。

 去年見ていたら、ベストテンに入れていたかもしれない。医師役で「運命じゃない人」の探偵役・山中聡が出ている。

OK キャンセル 確認 その他