2017/01/21(土)禁煙分を投信積み立て

 禁煙アシスタントというアプリがある。禁煙を始めた日時を設定すると、禁煙継続時間や節約できた金額などを表示してくれる。これが禁煙の補助になるかどうかは疑問だが、節約できた金額が分かるのは良い。

禁煙アシスタントのスクリーンショット

 節約額は今日で1万円を超えた。僕の場合、1カ月禁煙すると、1万4000円弱になる。これを明確に残すためにはこの分を貯金しなくてはいけない。毎月自動で貯金する仕組みが口座のある銀行にはなかったので、投資信託に積み立てることにした。

 普段使っているSBI証券ではなく、昨年開設してまだ使っていなかった楽天証券の口座を使用。積み立てる投信はコストが安いインデックス型のたわらノーロード 先進国株式ニッセイTOPIXインデックスファンドにした。積立額はそれぞれ7000円ずつの計1万4000円、と思ったのだが、日本株と先進国株が同じ割合というのはポートフォリオのバランスとしてあまり良くない。先進国株式は1万円にして月々1万7000円の積み立てにした。節約額より多いけれど、多い時にはこれ以上の金額をタバコに使っていたのだから、まあ良いでしょう。

 禁煙による節約分は元々ゼロになるはずだったお金なので、積み立てが3割や5割元本割れしてもあまり気にならない(まったく気にならなくはない)。それを考えると、基本的にこの口座はほったらかしで行ける。

 禁煙してるといっても電子タバコは吸っている。マルマンの電子PAIPOに加えて、先日、X-TC3を買った。タバコサイズの大きさで格好良く、ケースで充電できるのがメリット。大きなサイズの電子タバコに比べて吸った感じが少ないのがデメリット。これだけだとちょっと物足りないかもしれないので、大きなサイズのものも買っておいた方が良いです。

 会社で使い始めたら、周囲に電子タバコ利用者が増えてきた。ニコチン、タールの摂取による健康被害を気にしてるわけではなく、紙巻きタバコや加熱タバコよりコストが安いのと、電子タバコの仕組みそのものに興味を持って始めるケースが多いようだ。

2017/01/11(水)キネマ旬報ベストテンと怪獣映画

 キネマ旬報ベストテンで「この世界の片隅に」がアニメーション映画で「となりのトトロ」以来28年ぶりに1位になったというのが話題だが、「シン・ゴジラ」の2位というのも怪獣映画としては最高位だ。調べてみると、日本の怪獣映画がキネ旬ベストテンに入ったのは1995年の「ガメラ 大怪獣空中決戦」の6位以来21年ぶり。外国映画では2006年に「グエムル 漢江の怪物」が3位に入っている(これは怪獣映画と言って良いかどうか迷う)。30位まで広げると、以下のようになる。

1999年 22位「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」
1996年 13位「ガメラ2 レギオン襲来」
1993年 17位「ジュラシック・パーク」
1991年 28位「ゴジラVSキングギドラ」
1966年 25位「大魔神」

 「ジュラシック・パーク」は怪獣じゃなくて恐竜だが、映画の作りとしては怪獣映画だから入れておいても良いでしょう。1954年の「ゴジラ」第1作はキネ旬ベストテンでは影も形もない。当時は怪獣映画なんてまともな評価の対象にはならなかったのだ。そういう傾向は長く続いた。だから95年に「ガメラ 大怪獣空中決戦」がベストテン入りしたのは画期的な出来事だったと言える。

2017/01/08(日)禁煙できないという思い込みについて

 喫煙者が「ニコチンを求めてタバコを吸い、タールによって死亡する」のであれば、タールゼロのプルーム・テックを吸っている限り、健康には何の問題もないはずだ。ところが、プルーム・テックのパッケージには「喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます」という一般のタバコと同じ注意書きがある。これはタールのない喫煙の健康への影響が医学的に明らかになっていないためだろう。プルーム・テックが健康にどんな影響を及ぼすかはユーザーの今後の健康状態を追跡調査しなければ、分からない。

プルーム・テックのパッケージにある注意書き

 20歳でタバコを吸い始めて30数年、禁煙したことは一度もない。喫煙によって健康を害する不安がないわけではないが、今のところ、血圧、血糖値、体重をはじめ健康診断の数値はすべて正常の範囲内だ。2年前に受けた人間ドックでは担当の看護師さんから「人間ドックを受けた人の中でこんなに数値の良かった人は初めてです」と褒められた。しかし禁煙をしたことがないのは健康だからではない。僕には禁煙できないと思い込んでいたからだ。

 タバコが手元にないと不安になる。だから常に買い置きをしている。そんな生活をずっと続けてきた。昨年12月中旬にプルーム・テックを吸い始めてからも普通のタバコはやめなかった。ふと考えた。プルーム・テックは別においしいわけではないが、これだけでもやっていけるんだろうか? 昨年末、タバコを買うのをやめてみた。正月三が日は普通のタバコを吸いたくなったが、4日目からそうでもなくなった。ニコチンはプルーム・テックによって補充されているのだから、禁断症状がないのは当然だ。

 プルーム・テックのメリットはタバコを1本吸うという感覚がないことだ。普通のタバコは火をつけたら吸い終わるまでやめられない。いや、やめてもいいが、ちょっとだけ吸って火を消すのはもったいない。プルーム・テックの場合、すぐに吸えるし、いつでもやめられる。経済的なのだ。

 1個のたばこカプセルで50パフできる(50回吸える)から、10パフでタバコ1本吸うのと同じになるが、回数を数えながら吸うのは性格的に合わない。とりあえずニコチンを補充すればいいのだから、10回吸わず、数回でやめてもいい。だからそんな吸い方をした。喫煙場所(家でも会社でも)に行く頻度は同じなので、10回未満でやめると結果的にニコチンの摂取量は減る。

 先日書いたように味に関しては電子PAIPOの方がましなので、一昨日からプルーム・テックもやめて電子PAIPOだけにしてみた。意外なことにニコチンの禁断症状と呼べるような苦しさはまったくない。これはニコチン摂取量が減っていたからかもしれない。ニコチンが完全に体から抜けるには72時間かかるらしい。今後どうなるかは分からないが、このままニコチン依存から脱却できそうな感触はある。

 ニコチンの害について検索していて、「喜びに包まれる禁煙法」というブログにたどり着いた。元喫煙者の医師が書いているブログでとても面白い。健康不安を理由とした禁煙は失敗する確率が高いなど興味深い記事が多く、喫煙者には一読をお勧めする。そのブログの中で「多様性~タバコ脳の程度は十人十色~」という項目がある。禁煙にたやすく成功する人と失敗する人がいるのはなぜかを解説した内容だ。

 それによると、ニコチンを分解・排出する能力は人によって異なる。ニコチンの代謝能力の高い人は体内からニコチンが早く排出されるのでニコチンを摂取する機会が多くなり、依存傾向が強くなるそうだ。そういう人は禁煙に苦労することになる。自分ではニコチン依存度が高いと思っていたが、禁断症状らしきものがないということは依存度は低いのかもしれない。

2017/01/06(金)「大都会」と煙草とプルーム・テック

 Huluにドラマ「大都会」シリーズがある。渡哲也主演の刑事ドラマで1976年から日テレ系で放送された。Part3まであって、僕はPart2を毎週欠かさずに見ていた。WikipediaにあるようにPart2はアクションと物語が「最もバランスの取れた刑事ドラマ」だと思う。特にハードなドラマにしびれた。これがPart3になると、アクションの比重が大きくなり過ぎてドラマの方がありきたりのものになってしまう。その後の「西部警察」シリーズも同じだった。

 久しぶりに見て驚いたのは出演者のほとんどがタバコを吸っていること。渡哲也と松田優作はもちろん、他の刑事や医師役の石原裕次郎、犯人たちまでみんな吸う。今では考えられないが、病院の廊下でも吸っている。さすがに病室では無理で、吸おうとした渡哲也が廊下に追い出されるシーンがある。40年前はそんな感じだったのだ。喫煙率は今や20%を切ったが、当時は50%を軽く超えていた。

 今の少ない喫煙者の中でも従来の紙巻きタバコを加熱タバコに切り替える人が増えてきた。一番多いのはIQOS(アイコス)で、僕の周囲では昨年5月ごろから急に増えた。僕もその流れに乗った。選んだのはIQOSではなく、JTが発売するPloom TECH(プルーム・テック)。その時点では使っている人がまだ周囲にいなかったからだ。昨年7月にネットで事前予約をして、購入可能になったのは昨年12月中旬だった。

 IQOSは紙巻きタバコに比べてタールの量が90%以上少ないそうだが、プルーム・テックはタールゼロ。自動車の排気ガスに例えれば、紙巻きタバコをガソリンエンジン車とすると、IQOSはハイブリッド車、プルーム・テックは電気自動車(あるいは燃料電池車)ということになる。そのためなのか、タバコらしさはIQOSの方があるという評価が一般的だ。

 タバコの葉を直接加熱するIQOSに対して、プルーム・テックは直接加熱しない。バッテリーにリキッド入りのカートリッジを取り付け、カートリッジにたばこカプセルを取り付ける。吸うと電源が入り、リキッドが蒸気化してたばこカプセルを通り、ニコチンなどタバコの成分を含んだ蒸気(ベイパー)が発生する。リキッドはグリセリン、プロピレングリコールトリアセチン、水で構成されている。燃やさないので副流煙はないし、灰も出ない。匂いもない。周囲に迷惑は掛けない。ただし、これがタバコかと言われれば、違うだろと答える(きっぱり)。

 吸って吐くという行為自体はタバコと同じだが、味がタバコに及ばないのだ。食後に一服するタバコはおいしいが、プルーム・テックは変わらない。食前も食後も変わらない。少なくとも、おいしいからプルーム・テックを吸うということにはならない。では、なぜなかなか手に入らないほどの人気なのか。喫煙者の多くは有害なタールを摂取してしまうことを気にしているからだろう。喫煙者はニコチン中毒になることなど気にしてはいない。問題は有害物質のタールなのだ。「(喫煙者は)ニコチンを求めてタバコを吸い、タールによって死亡する」という言葉があるそうだ(ニコチン悪玉論は本当か、喫煙めぐり誤解も )。タールが気になる人はIQOSよりもプルームテックを選んだ方がいい。

 ニコチンに関してはプルーム・テックにどの程度含まれているのか、JTはデータを公開していない。恐らく紙巻きタバコより少ないのではないかと思う。2週間余り使ってみて、習慣性がタバコほどないのを実感しているのだ。味がすごくおいしければ、もっと習慣的になるだろう。僕は紙巻きタバコを1日1箱ぐらい吸っていたが、プルーム・テックに変えて量はその半分ぐらいになった(プルーム・テックのたばこカプセル1個は紙巻きタバコ5本分に相当する。これを1日2個から3個消費している)。売り上げを減らしたくないなら、JTは早急に味を改善した方がいい。

 はっきり言って、味と喫煙類似行為としての比較なら、タールどころかニコチンも含まない電子PAIPOの方が勝っていると思う。プルーム・テックを吸っていると、これなら電子PAIPOでもいいか、と思えてくる。実際、電子PAIPOで済ませることも多いし、それで何の不都合もない。

 プルーム・テックのスターターキットは今年増産を予定しているそうなので、今後は手に入りやすくなるだろう。amazonを見ると、プルーム・テック互換バッテリーが販売されている。正規品のスターターキットより高いのが気に入らないが、予備のバッテリ-として買っておこうかと考えている。

OK キャンセル 確認 その他