2017/02/12(日)「虎狼」

 モー・ヘイダーのジャック・キャフェリー警部シリーズ第7作。原題はWOLF。トラは登場しないから、この邦題には難がある。「喪失」「人形」(ひとがた)と2文字の邦題が続いているので、こうなったのだろう。4年前に読んだ「喪失」はそれほど面白いとは思わなかった。今回は疑いようのない傑作で、中盤のツイストが見事に決まっている。

 MWA賞最優秀長編賞(エドガー賞)をスティーブン・キング「ミスター・メルセデス」と争って敗れたが、こちらが取っても不思議ではなかった。というか、個人的にはこちらの方が面白かった。ヘイダーは「喪失」で既に受賞していることもあって、巨匠キングの初受賞ということになったのだろう。

 裏表紙からあらすじを引いておく。村から離れて住む一家の邸宅にとつぜん二人の男が侵入し、両親とその娘を邸宅内に拘禁する。男たちはその目的を明らかにしないまま、自由を奪った家族をじわじわといたぶってゆく。恐怖と絶望に支配される一家に救いの手はないのか? だが逃げ出した一家の飼い犬が、偶然にもキャフェリー警部のもとへ行き着いた。ウォーキングマンの示唆を受けたキャフェリーは手がかりもないまま飼い主を探しはじめる。

 ウォーキングマンとはシリーズに登場するホームレスで、行方不明となった(そして恐らく死んだ)キャフェリーの兄の手がかりを持っている男。キャフェリーは兄の情報をもらう交換条件として犬の飼い主を探すことになる。

 一家がいたぶられる場面はサスペンスフルだが、それ以上にミステリとしての骨格がしっかりしているのが評価された点か。昨年11月発売なので「このミステリーがすごい!2017年版」の対象にはならなかった。本来ならベストテン上位に入っておかしくない作品だ。

【amazon】虎狼(ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

2017/02/11(土)Run & Walkの終了とJogNote

 ウォーキングの時に使っているauのRun & Walkアプリが3月29日で終了するそうだ。調べてみると、僕が使い始めたのはガラケー時代の2008年。途中2年ほど非対応のスマホ(HTC製)があったが、足かけ9年使ったアプリがなくなるのは少し寂しい。終了する理由はよく分からないが、利用者が少なくなったんだろうか。最近はスマホを再起動しないとGPS精度が悪いなどの不具合も放置されていたので、終了はしばらく前からの既定路線だったのかもしれない。

 仕方がないので、代わりにRuntasticを入れた。歩数がカウントできないのが難だが、それは活動量計やXperiaのLifelogで代用できる。あとの機能は同じようなものだ。しかし、これ有料サービスの勧誘が少しうるさく感じる。Run & Walkのデータが引き継げるというJogNoteを使ってみたら、こっちの方が良い感じだ。これだと歩数もカウントしてくれる。

 JogNoteは「国内最大級のランナー向けSNS」。運営会社ウィングスタイルの会社案内を読むと、「2013年よりジョグノートのプラットフォームを au SmartSports に提供」とある。なるほど。アプリの見た目が似ているのはそのためか。データを引き継げるのも当然なわけだ。Run & Walkユーザーは素直にこれを使うのが良いようだ。SNS機能に関しては無理に使う必要もない。

 さて例年、年末年始に増えた体重は2、3週間で元に戻るのだが、今年は戻る気配がない。それどころか逆に増えている。どうもこれは禁煙したためらしい。禁煙で体重が増える理由はいくつかあるらしいが、禁煙で太る原因、大食ではなく腸内細菌か スイス研究:AFPBB Newsによると、禁煙によって腸内細菌の構成が変わり、吸収が良くなるのだという。少なくとも僕の場合、間食が大きく増えたわけでもないので、そういう根源的な理由が原因としか思えない。

 禁煙で体重が増えてしまっては健康的に問題なので、毎日のウォーキングの距離をこれまでの3キロ弱から5~6キロに増やした。それでもあまり効果が見えないが、しばらく様子を見るしかないだろう。

 ウォーキングというか、犬の散歩の時にはいつもラジオNIKKEIの「マーケット・プレス」を聞いている。3年余り使ってきたSONY製BluetoothイヤホンSBH50の右側が聞こえなくなったので新しいのを買うことにした。SBH50はイヤホン部分だけの交換もできるが、最近流行のコードが短くて、コントローラーがない(のではなく、コンパクトな)タイプが欲しかった。

 amazonで探すと、サウンドピーツ製が2000円台で売られている。あまりに安いのも不安なので、JVCケンウッドのHA-EB10BT-Bを買った。僕が買った時は4000円弱だった。今は5000円近い。amazonの商品の価格はけっこう変動するので、Keepa - Amazon Price Trackerは必須です。

 スマホとのBluetooth接続が速くて快適だけれど、右耳のイヤーピースがちゃんと固定しない。左耳はなぜか問題ない。人間の体というのは左右対称ではないのです。イヤーピースのサイズをSから付属のMに変えたら少しはましになったが、歩いていると、緩んでくる。amazonのレビューでは「両耳ともフィットしない」と書いている人がいた。「イヤーピースの形状を工夫し、イヤーピースだけで安定した装着感を実現する、“ぴったりフィットイヤーピース”を新採用」と説明にあるが、耳の形状は千差万別だからフィットしない場合もあるのだろう。ランニングだと外れやすいかもしれない。というか、ランニング時に使うなら、ちゃんと耳たぶで固定するタイプを買った方が安心です。

OK キャンセル 確認 その他