メッセージ

2001年05月05日の記事

2001/05/05(土)「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ! オトナ帝国の逆襲」

 このシリーズほどテレビシリーズとギャップがある映画は珍しい、という趣旨のことは以前書いたような気がする。繰り返すと、テレビは日常ギャグ漫画、映画の方はSFなのである。なぜ、こうなるかというと、長編化する場合に冒険的な要素が入ってくるからで、子供の冒険というのは古今東西のジュブナイルの名作を見てもらえば分かるようにたいていSFなんである。もちろん、映画の作者たちは意図的にSFをやっている。そしてこれが重要だが、SF的設定に外れがないのである。

 今回の設定はノスタルジーマシーンとでもいうべきもの。しんのすけ一家は1970年の大阪万博に来ている。そこに怪獣が現れ、パビリオンを破壊。しんのすけの父親ヒロシはスーパーヒーロー“ヒロシSUN”に変身し、怪獣を倒す。何かと思ったら、これはビデオの撮影で、最近、「20世紀博」という大人を対象にしたテーマパーク(?)が流行っているのである。大人は70年代の日本を懐かしみ、夢中になっている。

 しかし、この「20世紀博」には陰謀があった。大人たちを洗脳し、20世紀のままの日本で生活させようとしていたのだ。町の大人たちは「ハメルンの笛吹き」の子供たちのように「20世紀博」に連れ去られてしまう。しんのすけたち「カスカベ防衛軍」は大人を連れ戻そうとするが、洗脳された大人たちは攻撃を仕掛けてくる。

 「20世紀博」の首謀者(ケンちゃんとチャコちゃん!)は21世紀がくだらない世の中なので、まだ21世紀に夢や希望を持てた20世紀に帰ろうとしているのだった。もちろん、最後にはしんのすけたちの活躍で20世紀博の陰謀は潰される。原恵一監督は昔を懐かしがっているばかりではダメということを言いたかったらしいが、同時に1970年代の生活へのこだわりも見て取れる。万博会場、足踏みミシン、メンコ、缶蹴り、トヨタ2000GTなどといった70年代を象徴するガジェットは30代後半から40代前半の大人にとってノスタルジー以外の何物でもない。

OK キャンセル 確認 その他