メッセージ

2002年09月17日の記事

2002/09/17(火)「メメント」

 ビデオでようやく見る。記憶が10分しか持たない男のサスペンス。斬新な構成で、こういう映画は初めて見た。ちなみにIMDBのトップ250フィルムズの10位に入ってる。大したものだ。このベストテンはユーザーの投票で選んでいるので、これからも変動するだろうが、現時点での9位までを書いておくと、「ゴッドファーザー」「ショーシャンクの空に」「ゴッドファーザーPART2」「ロード・オブ・ザ・リング」「市民ケーン」「シンドラーのリスト」「カサブランカ」「七人の侍」「スター・ウォーズ」という順番なのである。こういうそうそうたる映画に比肩する10位というのはいかに評価が高いかよく分かる(昨年のキネ旬ベストテンでは14位)。

 最初に物語の結末を見せ、そこから遡っていく構成。それを象徴するように冒頭のシーンは逆回しの映像で綴られる。この構成だけなら過去にもあっただろうが、時間が先へ行ったり後戻りしたりしながら遡るのでややこしいことこの上ない。まず、主人公のレナード(ガイ・ピアース)が何をやっているのかが分からない。本人が分かっていないのだから、当たり前である。大きな謎と小さな謎が絡まって、観客は主人公同様、迷宮世界をさまようことになる。クリストファー・ノーランの脚本と演出は明快で、小さな謎のいくつかは残るにしても、複雑な物語を最後にはすっきりした形で終わらせる。もっとも主人公にとっては終わらない話で(なにしろ終わったことを忘れてしまうのだから)、メモと刺青によって永久に迷宮をさまようことになるのだろう。

 こういうアイデアは一度しか使えない。そのアイデアを見つけたノーランの勝ちと言える。

OK キャンセル 確認 その他