メッセージ

2002年12月23日の記事

2002/12/23(月)「ミニモニ。じゃMOVIE お菓子な大冒険」

 「ガメラ」などのVFXを担当した樋口真嗣(クレジットはヒグチしんじ)の監督デビュー作。ミニモニ。を主人公にするというお仕着せの企画を逆手にとって実写と3DCGアニメを融合させた楽しい作品に仕上げてある。

 極彩色で人工的なセットはそのままアニメの世界に通じるものになっており、樋口真嗣のビジュアルな設計は見事。シュークリームのロボットは「ギャラクシー・クエスト」の岩のエイリアンを思わせる。「シュレック」あたりも参考にしているようだ。ミニモニ。が歌と踊りも披露するというアイドル映画として正しい映画化といえる。女王の声を演じる中沢裕子の歌のみ減点対象(下手だね)。2本立てにするなら、こちらがメインの方が東映らしくてよかったかも。5歳の次女も満足した様子。

 併映のというか、本来はメインの「仔犬ダンの物語」は沢井信一郎監督作品。普通の児童映画にモーニング娘。がゲスト出演しているという感じ。子役のセリフがすべて棒読みであるとかを除けば、2chで滅茶苦茶にたたかれているほど悪い出来ではない。原田美枝子や柄本明、榎木孝明、斉藤慶子ら脇役陣はいい。

 ただ、モー娘。の映画を期待していくと、肩すかしを食うだろう。いや、本来はモー娘。の映画のはずなのだが、モー娘。をすべて取り除いても成立してしまうのが、企画のまずいところ。結局、パッケージングでモー娘。を前面に出したいのなら、この話ではだめだろう。映画の内容とクレジット(というか、大ラスのエンディング。これは2本を合わせたエンディングとしての演出か)で流れる歌と踊りが、これほど合わない映画も珍しい。

OK キャンセル 確認 その他