2003/11/03(月)「キル・ビル vol.1」

 撮影中に長くなりすぎて2本に分けたというクエンティン・タランティーノの新作。首が飛んだり、腕が飛んだりするこういう血みどろアクションを3時間以上も見せられたら観客は体力的にもまいっていただろうから、その意味でも2本に分けたのは正解だったと思う。アクションのタッチは劇画調で途中にあるアニメも劇画調。時間軸を前後に動かして話を語るいつものタランティーノのタッチだが、最初に“映画の巨匠”深作欣二への献辞が出て、そのまま映画は70年代の東映アクションを思わせる展開を突っ走る。もうタランティーノの趣味の世界。好きなものをあれもこれもと詰め込んで、独自のアレンジを加えてどこにもないような日本風味を振りかけてある。

 ヤクザの女親分、オーレン・イシイ(ルーシー・リュー)が片言の日本語で「ヤッチィマイナー」と叫ぶ場面とか、その用心棒がゴーゴー夕張(栗山千明)という名前であったりとか、時々ある誤解に満ちた日本ロケ作品を思わせもするのだが、タランティーノの日本趣味はヤクザ映画に偏っているところがもうなんというか、スバラシ過ぎる。ラストクレジットには梶芽衣子「怨み節」まで流れるのだから恐れ入る。「怨み節」のフルコーラスを聴いたのは久しぶりだ(サントラには「修羅雪姫」のテーマソングはあっても「怨み節」は入っていないようだ)。「鬼警部アイアンサイド」のテーマとか他の音楽の選曲も趣味に走りっぱなしである。

 こういうハチャメチャさはとても面白いのだが、惜しむらくはクライマックス、グリーン・ホーネットみたいなクレージー88の軍団とヒロイン、ザ・ブライド(ユマ・サーマン)の壮絶なシーンの弾け具合が少し足りない。単に残虐なだけで、爽快さがない。これは2本に分けたことの弊害で、ヒロインにとってはオーレン・イシイは復讐相手の1人なだけなのだから、凄絶なアクションの理由づけに乏しいのである。あれだけ見せられると、ユエン・ウーピンの殺陣も単調に感じてくる。内容が意外に薄いのも2本に分けたためだろう。上映時間1時間53分だが、1時間ちょっとで収まりそうな内容。間延びした部分がある。

 返り血を浴びながら日本刀を振り回すユマ・サーマンはきれいで殺陣もまずまず決まっていていいのだけれど、こういう復讐のヒロインにはどこか暗い怨念を持つ雰囲気が必要。その意味では少し健康的すぎる気がする。リメイク版「修羅雪姫」の釈由美子や本家の梶芽衣子みたいな暗さ切実さ必死さが欲しかった。「バトル・ロワイアル」を見たタランティーノが抜擢したという栗山千明は出番は少ないが、印象は強く、アメリカ映画界から引き合いがあるのではないか。

2003/11/02(日)「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」

 3Dの長編映画を見たのは「ジョーズ3D」(1983年)以来だから20年ぶり。ストーリーは何ということはない映画で、3Dだけが取り柄なのだが、これもあまり立体に見えないのがつらい。ディズニーシーで見た「アラジン」の3Dの方がよほど立体的に見えた。目の前に見える物体に手を伸ばしてみたくなるほどだったが、これは普通の3Dアニメよりは少しは立体的かというぐらいのレベル。

 赤と青の色がついた眼鏡(「ジョーズ3D」は偏光眼鏡だった)は長時間かけていると、疲れてくる(だから途中からかけさせて、途中でやめさせたり、そのあたりは工夫してある。それでもかけている時間は1時間ぐらいあったはず)。赤の方が少し暗く感じたのは僕の目が悪いせいか?

 監督、脚本、製作、デジタル編集、音楽、プロダクション・デザイナー、編集までロバート・ロドリゲスがやっている。完璧に子供向けなので、つまらなくても怒らない。子供と一緒に戦隊ものを見に行くぐらいの覚悟で見る必要はある。

OK キャンセル 確認 その他