メッセージ

2003年12月09日の記事

2003/12/09(火)「バッドボーイズ 2バッド」

 なんでこんな出来の悪い映画を2時間25分も見せられなければいけないのか。せめて1時間40分程度に収めてくれれば、映画の印象はもっと締まったものになったのだろうが、この内容で2時間25分はいくらなんでも長すぎる。

 ストーリーは単純で、キューバの麻薬組織をマイアミ警察の黒人刑事コンビ(ウィル・スミスとマーティン・ローレンス)が追い詰めるアクション。何台もの車がクラッシュするカーチェイスなどアクションシーンは大がかりで、それなりに見せるが、何もエモーションを引きずらないので虚しいことこのうえない。破壊に次ぐ破壊、ただそれだけ。以前はよくあったな、こういうタイプの映画。すっかり滅んでしまったのかと思ったら、凡才監督マイケル・ベイが飽きもせずに繰り返してくれた。個人的には今年のワースト5にランクインする駄作と思う。

 クライマックスはなぜか、刑事アクションから戦争アクション風になり、「ポリス・ストーリー」風(というか、ほとんどイタダキでしょう)の住宅破壊カーチェイスもある。カーチェイスだったら、「ターミネーター3」とか「マトリックス リローデッド」のように独自性が欲しい。

 最も悪いのはマーティン・ローレンスのコメディ演技で、電機店で2人の会話が店のテレビすべてにモニターされたり、麻薬エクスタシーを飲んでフラフラになったりとかの本質からずれたエピソードはことごとく不要だろう。こういう部分を削って刑事アクションに徹していれば、まだ何とかなったのではないか。

 8年前の前作(マイケル・ベイのデビュー作)は見ていないが、見ていなくても支障はない。ボーっと眺めていれば、分かる程度の話。脚本は「さよならゲーム」のロン・シェルトン。自分で監督するわけではないので手を抜いたのに違いない。

OK キャンセル 確認 その他