メッセージ

2004年07月19日の記事

2004/07/19(月)Namazuインストール

 シェルが使えるようになったのでNamazu2.0.13をインストール。NKF(nkfのPerlモジュール)、KAKASI、Text::kakasi、Namazuの順番でインストールでき、これは簡単と思ったら、インデックスが作成できず。どこが悪いのか。たぶん、Text::kakasiだろう。

 で、ちょっと設定を変えて再インストール。Namazuも再インストールした。これでOK。まだ出力が英語なのだが、これはドットファイルを書き換えれば、何とかなるだろう。それにCGIから使う場合には、ディレクトリ内の.namazurcを読むのであまり関係ない(でもなぜかNMZ.bodyの部分だけ英語表示になるんだよなあ)。ま、とりあえずインストールできて安心した。

 参考にしたサイトは拙作のNamazu正規版インストール覚え書きと、Naney's Diaryマニュアルに書いてないNAMAZU

LANG

 Namazuの日本語処理の説明に関しては藤原誠さんのNamazu 2.0 入門が一番詳しい。ここを参考にしていろいろ設定したけれど、うーん、相変わらず英語表示。インデックスはちゃんとできていて、日本語の検索もできるのだが、ヘルプは英語だし、namazu -Cもmknmz -Cも英語。どこが悪いんだか。ちなみにnamazu -Cの結果はこんな感じ。

%namazu -C
Loaded rcfile: /home/cinema1987/local/etc/namazu/namazurc
--
Index:        /home/cinema1987/local/var/namazu/index
Logging:      on
Lang:         ja_JP.eucJP
Scoring:      tfidf
Template:
MaxHit:       10000
MaxMatch:     1000
EmphasisTags: <strong class="keyword">  </strong>

 環境変数の設定に問題はないと思うんですけどね。

mknmz -C

 mknmz -Cをよく見たら、NKFとKAKASIのPerlモジュールが入っていなかったので、モジュールのインストールディレクトリを指定(--with-pmdir=$HOME/local/lib/site_perl)した上で./configureからやり直し。これで入った。

%mknmz -C
System: freebsd
Namazu: 2.0.13
Perl: 5.00503
File-MMagic: 1.20
NKF: module_nkf
KAKASI: module_kakasi -ieuc -oeuc -w
ChaSen: no
Wakati: module_kakasi -ieuc -oeuc -w
Lang_Msg: ja_JP.eucJP
Lang: ja_JP.eucJP
Coding System: euc
CONFDIR: /home/cinema1987/local/etc/namazu
LIBDIR: /home/cinema1987/local/share/namazu/pl
FILTERDIR: /home/cinema1987/local/share/namazu/filter
TEMPLATEDIR: /home/cinema1987/local/share/namazu/template
Supported media types:   (16)
以下、略

 しかし、まだ英語表示のまま。Lang_Msg: ja_JP.eucJPとなっているのに、なぜ日本語にならない? ちなみにシェルの方は「コマンドが見つかりません」とか、ちゃんと日本語になっている。

 gettextの問題かと思い、--with-included-gettextのオプションを付けたが、同じ結果。ja_JP.eucJPをja_JP.EUCに変えてもダメ。ウーム。

原因判明

 しようがないので、Namazu MLの過去のメールを調べてみる。といっても、現在、namazu.orgでは検索できないので、自分のメールボックスにたまったメールを調べた。

 で、localeデイレクトリがインストールされていなかったのが原因と分かった(たぶん)。旧サーバーにあるlocaleディレクトリをコピーしたら、mknmz -Cは日本語表示になったが、他はダメ。コピーでは根本的な解決にはならない。なぜインストールされなかったのか、調べてから再インストールするしかないか。

OK キャンセル 確認 その他