2005/05/31(火) 震度4

 グラグラ揺れた。職場はビルの6階なので、体感では震度5ぐらいに感じた。最初は震度2ぐらいかと思ったのだが、そのうち大きな横揺れが数秒続いて、本棚が大きく揺れ、引き出しが飛び出した。でも、大きな被害はなかったようだ。うちのビルが揺れすぎるのか。

 帰宅してみたけど、本棚の本も落ちていなかった。意外だなあ。

KDDIが“今さら”ブログに取り組む理由

 つまりパケット代金を稼ぐためというわけか。携帯からいつでもどこでも更新できるのは便利だが、やはりあの小さな画面では文章の見通しが悪いので長文を書くのには向かないと思う。携帯で相当書いたぞと思ってもアップしてみると、ほんのちょっぴりだったりするのだ。上の地震に関する文章は携帯から更新したのだが、最初は70文字程度しかなかった。

 昨日書いた「ミリオンダラー・ベイビー」の感想など携帯で書こうと思っても僕には書けない。モブログというのは短い文章にならざるを得ない部分があると思う。それでは内容も薄くなってしまうだろう。

 ブログと言えば、gooブログアドバンスは容量が1テラバイトある。この売り方、非常に腹が立つ。画像を300MBに制限しておきながら、1テラバイトだと。テキストだけでそんなに使うわけない。僕の日記は5年間で画像を含めても30MBもいってないのだ。この分だと、1GBに達するには単純計算であと30年ほどかかる。1テラバイトはその1024倍、つまり3万720年後だ。画像が300MBまでなのを考慮すると、さらにかかる。gooは「孫の代までつきあえる大容量」と言っているが、「使えるものなら使ってみろ」となめられているようで、ほとんど冗談、言いたい放題レベルの売り方だな。本気で1テラバイト使わせるなら、画像の制限などしないだろう。

 と、怒りつつも、あす申し込んでみようかと思っている。使いたいのはgooメールアドバンスの方で、評判の悪さが本当かどうかを確かめてみよう。どうせ携帯メールの転送先にしかしないので、転送したメール消失とかの不具合がなければ、かまわないんですけどね。

2005/05/27(金)Google デスクトップ検索正式版

 ようやく出たので、会社のパソコンにインストール。鶴亀メールが対応したので、メール検索が便利になった。自宅のパソコンにはインデックスファイルの保存場所をCドライブから変えられるようになったら、インストールしよう。

2005/05/26(木)ALL-TIME 100 Movies

 雑誌TIMEが選んだオールタイムの映画100本。選出したのは映画評論家のリチャード・シッケルとリチャード・コーリス。100本選んだだけで順位はない。

 日本映画では「生きる」「東京物語」「雨月物語」「用心棒」の4本が入っている。黒沢明では「七人の侍」がないのが意外。ちなみに、こういうリストには必ず入る「風と共に去りぬ」「第三の男」もない。そのあたりは好みの問題なのだろう。「フランケンシュタインの花嫁」が入っているのがなかなかと思う。「フランケンシュタイン」よりこの続編の方が絶対面白いですからね。選出した2人、こういう映画が好きなようでデヴィッド・クローネンバーグ「ザ・フライ」やドン・シーゲル「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」もリストにある。

 チャップリンの映画では「街の灯」。先日、子供に見せたら、ボクシングのシーンのみ面白がっていた。ラストの良さは分からなかった様子。

2005/05/21(土)パソコンテレビ「GyaO」

 キネマ旬報に広告があったので行ってみる。完全無料のブロードバンド放送。先月から始まったそうだ。メールアドレスや郵便番号などを入れるだけで映画本編やドラマ、アニメ、ニュース、バラエティなどが無料で見られる。現在、視聴可能な映画は「オール・アバウト・マイ・マザー」「イグジステンズ」「タイムライン」「レインメーカー」など。「オール・アバウト…」を少し見てみた。始まる前にCMが数本流れる(途中にもテレビ同様流れる)が、本編は画面が大きくて十分見られる。レンタルするまでもない作品はここで見ればいいか。

 回線速度は768kbps。視聴者が多くなると、苦しくなるかもしれない。視聴者が増えなければ、広告効果は薄い。快適に見せるためには設備の増強も必要になってくるだろう。USENグループなので、設備の方は大丈夫かもしれないが、そういうことをしてまで、こういう商売、成り立つのだろうか。

OK キャンセル 確認 その他