2005/07/15(金)電車男を支える人々は、なぜ、匿名性が希薄なのか

 このタイトルには「映画とテレビの」という形容詞が抜けている。映画とテレビの電車男には書き込む人々が実際に描写される。そうしなくてはドラマが成立しないからだろう。まあ、掲示板のやりとりをそのままドラマにできるわけはないのだから、題材にした上で面白い作品を作ってくれれば言うことはない。

 気になったのはこの文章の作者が性善説うんぬんと言っているところ。元の書き込みの良い部分だけを収録してあるものに対して性善説はないだろう。だから「性善説で展開できる匿名社会」という言葉に説得力がない。

 きのう、初めてテレビ版を見たが、これは半分、スラップスティックではないか。ギコネコが頻繁に登場するのに驚いた。そこまでやるなら2ちゃんねるの名前も出してはどうかと思う。

2005/07/14(木) クローネンバーグの新作

 “A History of Violence”アメリカでは9月公開だが、カンヌ映画祭で上映されたため、IMDBでは124人が投票して8.7点。グラフィックノベルが原作。食堂の主人(ヴィゴ・モーテンセン)が店に来た強盗を正当防衛で殺して一躍ヒーローになるが、さらなるバイオレンスに巻き込まれる、という話らしい。ウィリアム・ハート、エド・ハリス、マリア・ベロ共演。予告編はここ。原題は「暴力の前歴」と訳すようだ。

 脚本は浦沢直樹「MONSTER」のハリウッド版脚本を担当するジョシュ・オルソン。NEW LINE CINEMAが製作するというこの映画版も気になる。

2005/07/12(火) 体重2.5キロ

 犬の体重。先週、計った時は1.2キロだったのに、1週間で1.3キロも増えるものだろうか。先週のが見間違いで、2.2キロだったのかな。そうだろうなあ。

フジテレビ、テレビ番組を有料配信する「フジテレビ On Demand」

 日テレも同じく有料配信を検討しているそうだ。テレビなら無料で見られるものをネットで、テレビよりも悪い画質で配信して見たいと思う人、多いのでしょうかね。いつでも見られるというのはメリットではありますけどね。

2005/07/09(土) サークル

 犬用のサークルを買いに行く。庭につないでいると、ほかの犬が来たりした場合に不安なのだ。特に夜。以前、タヌキを見かけたことがあるし、イタチもいるらしい。何が来るか分かったものじゃない。

 サークルはハチコウ商事という会社の4面カラーサークルドア付スチール製。高さ59センチ、縦59センチ、横88.3センチの大きさ。まだ小さいのでこれぐらいでいいだろう。面と面を組み合わせる構造なので、もう一組買えば、倍の広さにできるのではないかと思う。

 ドアの部分を犬小屋の入り口に向けてひもで固定した。ところが、小屋の屋根がじゃまをして、サークルとの間にすきまができる。案の定、ここから出てしまう。しょうがないので、隙間をかごなどで埋める。これでOKでしょう。

 と、思ったら、隙間をこじ開けて脱出したそうだ。うーん、もう一つ買ってきて、犬小屋を囲むしかないか。

2005/07/07(木) 犬の名前

 ほぼ寅次郎に決まりつつある。この字をあてるかどうかは分からないが、愛称はトラ。家内の発案。トラという愛称は猫みたいで嫌なのだが、ほかに良い案がない。ほかに挙がった候補は太郎(ありふれている)、小次郎(知り合いが飼っている武蔵に負けそうだ)、コロ(小さい頃はいいけど、大きくなった時がなあ)、マックス(アメリカで一番多い犬の名前らしいが、日本犬にこの名前はないだろう。同じ理由でジョンとかもダメ)、ゴン太(次女の愛称がゴンなので紛らわしい)、ポン太(タヌキみたいだ)。犬の名前 わんこの名前 ランキング も参考にしたけど、なかなかしっくりきませんね。

 個人的にはゴン太が一番いいと思うんですけどね。寅次郎という名前だと、家にいつかずフラフラするかもしれない。それが心配だ。

OK キャンセル 確認 その他