メッセージ

2006年10月10日の記事

2006/10/10(火)「レディ・イン・ザ・ウォーター」

 「レディ・イン・ザ・ウォーター」パンフレットアパートのプールに現れた水の精ナーフをめぐるファンタジー。ナーフを悪の獣スクラントから守り、元いた世界に帰すためアパートの住人たちが力を合わせる。水の精と人間はかつて一緒に暮らしていたが、離れて暮らすようになって人間界には争いごとが生まれた。水の精たちは人間に接触しようとしてきたが、スクラントによって阻まれてきた。ナーフを無事に帰らせることは、世界に平和を取り戻すことにつながる、という設定。アパートの住人たちにはそれぞれにナーフを助ける能力が備わっているが、だれがどんな能力を持ち、どういう役割を果たすのか分からない、というのがM・ナイト・シャマランらしい仕掛けで面白かった。この役割が分からないという仕掛けは「アンブレイカブル」(2000年)に通じるもので、丁寧な語り直しという感じである。そしてこの1点でこの映画は寓意性が深く、広がりのある物語になったと思う。主人公はかつて医師だったが、留守中に強盗から妻子を殺され、アパートの管理人の仕事をするようになった。失意の人物がある出来事を通して再生を果たす物語であり、平凡な住人たちが自己実現を果たす物語でもある。不評が多いようだけれど、個人的には好きな映画だ。

 クリーブランド・ヒープ(ポール・ジアマッティ)が管理人として働くアパートのプールで夜中に水音がする。誰かが泳いでいるらしい。クリーブランドはある夜、水の中に女を発見するが、プールに落ちて気を失ってしまう。気づくと、自分の部屋の中。女(ブライス・ダラス・ハワード)はストーリーと名乗る。アパートに住む韓国人女子大生(シンディー・チャン)が母親から聞いた伝説でストーリーは水の精(ナーフ)と符合することが多いと分かる。水の精は人間界の“うつわ”と会うことで、人間界に平和をもたらす存在だった。アパートの住人の中にそのうつわはいた。そしてアパートの住人たちも水の精を助ける役割を持っていることが分かった。記号論者(シンボリスト)、守護者(ガーディアン)、職人(ギルド)、治癒者(ヒーラー)の役割。ストーリーは自分のいた青い世界に帰ろうとするが、スクラントに襲われて失敗。ストーリーにはあと一度だけ、帰るチャンスがあった。住人たちはそれぞれの能力を発揮して、ストーリーをスクラントから守ろうとする。

 いったん、それぞれの役割が分かった後でそれをひっくり返し、クライマックスで本当の役割が分かるという展開がいい。主人公は当初、守護者と思われたが、アパートに最近引っ越してきた映画評論家(ボブ・バラバン)がそれではないかと思わせる描写があり、さらにクライマックスで別の人物が守護者とようやく分かる。大きなどんでん返しはないものの、こうした小技を盛り込んだ脚本は悪くない出来だと思う。元々はシャマランが子供を寝かせるために考えたベッド・サイド・ストーリーという。そうしたおとぎ話の雰囲気と寓意性がこの映画にはある。

 ストーリーを演じるブライス・ダラス・ハワードはほとんど化粧っけなし。人間離れしたとさえ感じる清楚な容貌が水の精役にぴったりだ。ストーリーはクリーブランドの日記を読んで、クリーブランドの過去を知る。クリーブランド役のポール・ジアマッティがそのあたりの過去を背負ったキャラクターに深みを与えていて相変わらずうまい。

2006/10/10(火)「ローズ・イン・タイドランド」

テリー・ギリアム監督の前作「ブラザーズ・グリム」はいつものようにトラブルに見舞われたためか、中途半端な出来だった。トラブルで製作が中断していた間に撮ったのがこの映画。ギリアムが本領を発揮した映画になっているかと思ったが、残念ながら本領は発揮していてもそれほど面白さは感じなかった。

 「不思議の国のアリス」をモチーフにした映画なのでファンタジーかと思ってしまうが、悲惨な現実を空想好きの少女の視点から描いた映画なのである。視点はダークファンタジー、物語は現実で、ファンタジー色が薄いのが一番の不満(これを見た後に「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見たら、すっきりとしたファンタジーになっていたので、余計に点が甘くなった部分はある)。小品レベルのダークな作品であり、「バンデットQ]「未来世紀ブラジル」「バロン」「12モンキーズ」あたりと比べると、破天荒な描写がない分、物足りない。

 原作はミッチ・カリン。カリンはギリアムのファンでオビに推薦文を欲しくて本を送ったそうだ。主人公の10歳の少女ジェライザ=ローズ(ジョデル・フェルランド)の両親は2人ともドラッグ中毒。母親(ジェニファー・ティリー)はドラッグの打ちすぎで死に、ローズは父親(ジェフ・ブリッジス)とともに祖母の家へ向かう。草原の真ん中にある家はボロボロで、既に祖母の姿はなかった。近所には家にたくさんの剥製があるデル(ジャネット・マクティア)とディキンズ(ブレンダン・フレッチャー)姉弟が住んでいた。ある日、父親もドラッグを打って椅子に座ったまま目をさまさなくなった。徐々に腐敗し、悪臭を発するようになるが、ローズは父親が眠っていると思っている。ローズは4体の人形の首と一緒に空想の世界に遊び、ディキンズと親しくなる。ディキンズはてんかんの発作の手術を受けており、10歳ぐらいの知能しかない。デルはローズの家に来て、死んでいる父親を見て剥製にする。父親とは以前からの知り合いだったようだ。

 姉弟のキャラクターはまるでサイコで、密かに連続殺人を犯していてもおかしくない雰囲気。そういう描写がギリアムらしいところか。ただし、ブラックな味わいが以前の作品ではユーモアに転化した部分があったが、この映画、ブラックはブラックなままでグロテスクな感じがつきまとう。後半にあるセクシャルな雰囲気などもそうで、ここはもっと強調すれば、映画は別の意味で特異な作品になったのかもしれないが、ロリコン描写に規制が厳しい欧米ではこれぐらいが限界だろう。人間関係が今ひとつすっきりしないのも難点で、父親とデルの関係など明確にしたいところ。原作もこういう話のようだ。ギリアム、この話のどこに惹かれたのだろう。

 主人公を演じるジョデル・フェルランドは出ずっぱりで好演と思う。それにしてもこのローズ、少しも自分を不幸とは思っていない。現実が不幸すぎるから空想の世界に遊ぶようになったのだろうが、そうした精神分析的な視点が加わると、映画はもっと面白くなったのかもしれない。ギリアムのイメージ自体は楽しめるけれども、もっと文学的な味わいがあればと思えてくる作品だった。

OK キャンセル 確認 その他