2011/07/21(木)「BOX 袴田事件 命とは」

 1966年に静岡県で起きた袴田事件を描く高橋伴明監督作品。長時間の過酷な取り調べによって自白を強要し、証拠をでっち上げる警察の捜査もデタラメなら、無罪を訴える裁判官の意見を封じ、多数決で判決を決める裁判所もデタラメ。信じられないほどのこのデタラメさが袴田巌死刑囚を40年以上も拘置所に閉じ込め続ける結果になった。最高裁が再審請求を認めないのは自分たちの過去の間違いを認めたくないためか。袴田死刑囚は死刑確定後、拘禁反応によって精神状態に変調を来しているという。そういう状態に至らしめた司法の責任はとてつもなく重い。見ていて怒りが沸々とわき上がってくる映画である。

 映画は2007年に「無罪であるとの確証を持ちながら、死刑判決を書いた」と告白した当時の主任裁判官・熊本典道を中心に描く。熊本を演じるのは萩原聖人、袴田死刑囚を演じるのは新井浩文。熊本は判決後、裁判官を退職し、袴田の支援に回る。映画としてはそうした熊本の苦悩の部分を余計に感じる。もっと硬質のドキュメントタッチに徹した方が良かっただろう。そうしたことが影響したのか、キネ旬ベストテンでは33位に終わっている。

 しかし、こうした映画は作ることに意味がある。高橋伴明は明確にえん罪事件であるとの主張を前面に出し、現在もまだ拘置所に閉じ込められたままの袴田死刑囚の不当な扱いを浮き彫りにしている。主張にぶれがないのが良い。進行中の事件なのだから、この映画の意義はとても大きい。

 BOXとは袴田死刑囚が元プロボクサーであることと、閉じ込めるという意味をかけてあるそうだ。それに加えて、エンドタイトルではBOXのOXを○(無罪)か×(有罪)かの意味で表現している。それにしても、まだどうなるか分からないが、東電OL殺害事件の急展開を見ると、こうした司法のあり方、今もあまり変わっていないのかと思える。

2011/07/21(木)「ヤギと男と男と壁と」

 アメリカ陸軍の超能力部隊を描いたコメディで、ジェフ・ブリッジスやジョージ・クルーニー、ケヴィン・スペイシーという名優たちが出ていること自体が驚き。というか好感を持った。映画はそんなに面白くないのだが、この好感というのは大事で、退屈せずに見られたのも憎めない映画になっているからだ。

 主人公の記者をユアン・マクレガーが演じるのは超能力部隊の兵士たちがジェダイ戦士と呼ばれることからのキャスティングだろう。まあ、そのあたりからして冗談のようなものだ。監督はグラント・ヘスロブ。

2011/07/21(木)「エアベンダー」

 評判に聞いていたほど悪くはない。アメリカでラジー賞を受賞したのは基になったTVアニメ「アバター 伝説の少年アン」との比較した上でのことだろう。むしろ、M・ナイトシャマラン独特のトンデモなアイデアがないのは利点で、原作があったことでシャマランのつまらないアイデアは封印されたのに違いない。

 とはいえ、大作感はまったくなく、話も簡単すぎる。3部作として企画されたそうで、ラストはいかにもまだ続きますという感じだが、アメリカでの評判がメタメタなので次作以降ができるかどうか。

2011/07/10(日)「レクイエム」

 「ヒトラー 最期の12日間」のオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督作品。サンダンス映画祭で監督賞と脚本賞を受賞し、2009年の東京国際映画祭では「5分間の天国」(原題)のタイトルで上映されたが、劇場公開はされず、昨年7月にDVDが発売された。

 1975年の北アイルランド、アルスター義勇軍のアリスター・リトルが報復テロとしてカトリック教徒のジム・グリフィンを殺害する。33年後、刑務所から出所していたアリスター(リーアム・ニーソン)はテレビ局からグリフィンの弟ジョー(ジェームズ・ネスビット)と会う企画を持ちかけられる。ジョーは復讐心に燃え、ナイフを忍ばせて撮影現場に向かう。

 上映時間1時間29分。憎しみの連鎖を断ち切るというテーマは真っ当で、緊張感のある演出も良いが、話に今ひとつ深みが足りないように思う。もう一山ほしかったところだ。IMDBの評価は6.8。

2011/07/10(日)「ランナウェイズ」

 1970年代のガールズロックバンド、ザ・ランナウェイズの盛衰を描く。ランナウェイズは日本で人気が出てアメリカに波及した。映画は予算がなかったためか、日本でのロケは行っていないようだ。日本で人気が出た理由も描かれない。僕はリアルタイムで当時のランナウェイズの人気を知っているし、僕自身、テレビで見て興味を持ったのだが、なぜ人気が出たのかは知らない。きっと売り方のうまいプロデューサーが日本のレコード会社にいたのだろう。アメリカで色物バンド的な評価しかないことは日本にも伝わっていた。

 映画はボーカルのシェリー・カーリー(当時はチェリー・カリーと言っていた)をダコタ・ファニング、リーダー的存在のギタリスト、ジョーン・ジェットをクリステン・スチュワートが演じる。ビリングでは「トワイライト」シリーズで人気を確立したスチュワートがトップに来る。映画の基になったのはカーリーの自叙伝「NEON ANGEL」で、ジェットはエグゼクティブ・プロデューサーを務めている。

 とりあえずカーリーの自叙伝に沿って作られているので、カーリーのアルコール中毒の父親とか、離婚した母親(なんと、テイタム・オニール)とか、姉マリーとの確執とか、ドラッグに手を出す姿とか、実力よりも人気が先行することに悩む姿とかが多く描かれる。しかし、映画を支えているのはファニングよりもやっぱりスチュワートの方だ。スチュワート、さらに伸びる要素がいっぱいのように思える。将来的にはハリウッドを支える女優になってもおかしくない魅力を放っている。

 監督はこれが長編デビューのフローリア・シジスモンディ。映画のまとめ方は可もなく不可もなしのレベルだった。

OK キャンセル 確認 その他