2011/12/30(金)第3回AXNミステリー 闘うベストテン

視聴者1位の「ジェノサイド」は暫定5位に置いてあったが、「他のベストテンでもさんざん1位になっているから」という理由で別格として圏外へ。評者5人の論戦で最終的に決まった順位は以下の通り。

(1)「忘れられた花園」ケイト・モートン
(2)「11 eleven」津原泰水
(3)「ミステリウム」エリック・マコーマック
(4)「ローラ・フェイとの最後の会話」トマス・H・クック
(5)「なまづま」堀井拓馬
(6)「ねじれた文字、ねじれた路」トム・フランクリン
(7)「月と陽炎」三咲光郎
(8)「謝罪代行社」ゾラン・ドヴェンカー
(9)「装飾庭園殺人事件」ジェフ・ニコルソン
(10)「はいつくばって慈悲を乞え」ロジャー・スミス
別格(視聴者1位) 「ジェノサイド」高野和明

見事に1冊も読んでいないが、「ねじれた文字、ねじれた路」は先日買った。「謝罪代行社」は買ったまま。このベストテンの中で読みたいのはトマス・H・クックかな。過去のベストテンは番組ホームページに1998年分から掲載してある。歴史のある番組なのだ。今年で第3回なのは、ミステリーチャンネルがAXNミステリーに変わったため。それにしてもAXNミステリーをまともに見るのは1年間でこの1時間番組ぐらいなのだった。

2011/12/24(土)EPUB

電子ブックのファイル形式であるEPUBの作成ソフトを探したら、Sigilというのがあったので使ってみた。WYSIWYG ebook editorとある通り、ワープロ感覚でEPUBの作成ができる。作成時にブックビューと分割ビュー、コードビューが選べるのはDreamweaverと同じだ。ホームページを作成したことがある人なら、問題なく使えるだろう。見出しから目次を作ってくれる機能が便利だ。表紙画像はどれぐらいにすれば良いか分からなかったが、幅590ピクセル、高さ750ピクセルらしい。

Calibreは作成ソフトではなく、電子ブックの管理ソフトだが、既存のファイルをEPUBにコンバートする機能がある。Wordなどからオープンドキュメント形式(拡張子odt)で保存したファイルなら問題なくEPUBにコンバートできた。

Sigilで作ったEPUBをCalibreでプレビューしてみるというのが良い使い方か。Calibreでメタデータを追加することもできる。ただ、どちらも海外のソフト。日本語化されているとはいっても、日本製のソフトがあると、もっと取っつきやすいなと思う。その意味でEPUBの保存形式に対応した一太郎2012(2月発売)がどれぐらい使えるか楽しみだ。先日、予約した。

あとはEPUBリーダーの優秀なのが欲しいところ。今、Androidマーケットで公開されているのはどれも一長一短ある。CopperReaderは縦書き表示もでき、フォントも明朝体で良い感じ。ページめくり機能も一応あるが、もっと本格的なものにしてくれないかな。CPUの処理能力との関係で抑えているらしいけど。

OK キャンセル 確認 その他