メッセージ

2012年01月13日の記事

2012/01/13(金)「恋の罪」

 神楽坂恵に主役を張る力量はないということはよく分かった。ビリングでトップに来るのは水野美紀なのだが、水野美紀よりもはるかに多くの場面に出てくる神楽坂恵、見ているうちに飽きてくる。女性としてはともかく、女優としては魅力に欠ける。「冷たい熱帯魚」の時のような出方がちょうどいい。スクリーンを背負って立つには演技に幅がなさすぎるのだ。

 水野美紀の出番が少ないのが個人的にはこの映画への大きな不満の原因になっているのだけれど、まあ、それはいいとして。東電OL殺人事件を描いたというよりもあの事件の設定だけを借りて、自由に作ったという感じの映画になっている。あの事件、昼間は一流企業のOLで夜は売春婦という被害者の実態がセンセーショナルだったが、この映画では大学の助教授に置き換えられている。これを演じる富樫真は昼間っから、どうも普通の人には見えないのが惜しいところ。そしてその二面性の理由が深く掘り下げられるわけでもないのが映画の決定的な欠陥を生んでいるようだ。

 この映画で最も面白いのはその助教授と母親(大方斐紗子)の口論の場面で、憎しみ合った2人が激烈な言葉の応酬を繰り返し、ブラックなおかしさにあふれている。こういう感じで全編作ってくれれば、もっと面白くなっていただろう。

 キネ旬11月下旬号の批評特集で首肯できたのは新藤純子、増田景子の2人の女性評論家による批評で、男性評論家が褒めているのに対してきちんと欠陥を指摘している。園子温は女性映画と言っているけれど、女性から評価が得られないのでは仕方がない。

 それにしても、水野美紀、出番が少ないにもかかわらず、魅力は十分に確認できた。この映画を足がかりにもっと映画に出てほしい。

OK キャンセル 確認 その他