2015/02/16(月)32年ぶりの箱崎

 長男が九大の伊都キャンパスから箱崎キャンパスに移るので引っ越しのため、大学卒業以来、32年ぶりに箱崎周辺に行ってきた。去年も長男の受験の付き添いで行ったんだけど(https://twitter.com/sundance1987/status/437946583271739393)、その時行ったのは文系キャンパスだけだった。僕が住んでいた大学の東側に行ったのが32年ぶり。片側1車線だった道路は2車線に広がり、鉄道は高架に変わっている。自分の頭の中には大学時代の風景があるので戸惑う。当時はこんなにビルが建ち並んではいなかった。最初は地理が分からなかった。

 大学の中を歩いてみた。外と違って、あまり変わっていない。伊都キャンパスに移転の途中なので、理系の建物の中には解体工事(?)が進んでいるものもある。変化はそれぐらい。懐かしい。春休みのため学生の姿は少なかった。今の大学の春休みって長いんですよね。3月末まで授業はないそうだ。僕らの頃は1カ月もなかった。

 計画では移転が完了するのは2019年度。長男の在学中に文系キャンパスの移転も始まる。この建物が全部なくなったら寂しい思いがするだろう。大正11年にアインシュタインが訪れた場所でもあるのだ。大学に「跡地利用将来ビジョン検討委員会」というのが出来ていて利用法を検討しているが、長い歴史を刻んできた建物なので一部は残す方針なのだろう。伊都キャンパスは新しくてすごく立派だけれど、自分の母校とは言えない。

 長男のアパートは2階建ての1階。箱崎は空港が近いので飛行機の騒音が心配だが、アパートのサッシは複層ガラスの樹脂サッシで窓を閉めていれば、騒音は気にならない。複層ガラスは断熱効果が高いので結露もしない。自宅のアルミサッシもこれに変えようかと考えていたところだ。今なら、省エネ住宅ポイント制度の適用対象になる。ただし、これ、高い。窓一つ分で十数万円は覚悟しなくてはいけない。全部を一度に変えるのは無理なので、とりあえず一部だけ変更しようかと思っている。

2014/12/01(月)エコキュート

 「エコキュートに切り替えませんか。毎月のガス代、灯油代の支払い分で導入できますよ」。九電工の人がセールスに来たそうだ。オール電化住宅にしませんか、というわけである。家を建てて17年。灯油ボイラーとガスレンジも耐用年数に近づいて(越えて?)きたところだったので、家内が見積もりをしてもらう日のセッティングをした。僕と2人で話を聞いた。

 わが家の光熱費を計算してみたところ、平均月額は電気12,428円、ガス4,767円、灯油2,700円の計19,895円だった。ご飯は土鍋を使い、ガスで炊いている。エコキュート(3-5人家族用、約65万円→48万7000円に値引き)とIHクッキングヒーター(約30万円→21万円に値引き)の見積もり結果は工事費(22万円もする)と消費税込みで99万3,600円だった。これを10年で支払った場合、月々の支払いは9,663円。15年の場合は6,933円だそうだ。ガスと灯油の平均月額は計7,467円なので、15年払いにすると、確かにその分で支払える。しかし、ガスと灯油で使っていた分の電気代は増えるので、高くなりそうな気がする。セールストークを鵜呑みにしてはいけない。

気になったので利子を計算してみたら、以下のようになった。

見積もり価格99万3,600円
15年払い 月額6,933円×12カ月×15年=1,24万7,940円(利子25万4,340円、25.59%)
10年払い 月額9,663円×12カ月×10年=1,15万9,560円(利子16万5,960円、16.70%)

 15年払いだと、25万円、25%以上も利子を取られるのが納得いかない。利子はもらうものであって、支払うものではない、という僕の方針に反する。だいたい、こういう「○○の支払い分で購入できる」という導入セールス、気をつけた方がいい。以前、よく電話がかかってきた投資用マンションのセールスと同じやり方だ。マンションと違うのは耐用年数を考えると、ボイラーもレンジも買い換える時期に来ていること。というわけで現地調査の日が決まった。

 空気の温度差を利用してコンプレッサーでお湯をわかすエコキュートについては以前、ちょっと調べたことがあって、その時は「どう考えても、熱の発生に費用がかかる以上、太陽光発電には負ける」という結論を出した。それでも導入に前向きになったのは今使っている太陽熱温水器との併用ができるということと、エコキュートの電気代が月額1000円程度と聞いたからだ。調べた時は太陽熱温水器は併用できないというケースがほとんどだった。九電工によると、蛇口を別に設置して風呂の給湯には使えるようにするという。それならば、特に夏場の電気代はやや抑えることができるだろう。

 具体的に計算してみる。電化DEナイトを導入すると、午後10時から午前8時までの電気料金は10.901円/kwh(燃料調整費、再エネ賦課金、太陽光発電促進付加金を加算)、午後5時-午後10時と午前8時-午前10時は23.421円/kwh。デイタイムは30.961円/kwh(通常期)、36.711円/kwh(夏季=7-9月)となる。朝夕に電気炊飯器(1200W)でご飯をたいた場合、

朝 1.2kw×10.901円×1時間×30日=392.436円
夕 1.2kW×23.421円×1時間×30日=843.156円

 購入予定のIHは最大3KW。ずーっと強火で調理するわけではないので、平均出力を2.5kw、使用時間を朝30分、夕方1時間としてそれぞれ2口使うと、

朝 2.5kw×2×10.901円×0.5時間×30日=817.575円
夕 2.5kw×2×23.421円×1時間×30日=3513.15円

炊飯器と合わせると、計5566.317円となる。これにエコキュートの電気代1000円を足すと、6,566円程度。ガスと灯油の今より900円ほど安くなる。年間10,812円のコスト削減。

 僕は寝るのがいつも午前2時半ごろなので、深夜電力が今の半分以下になる電化DEナイトの導入効果はそれなりにあるだろう。コスト削減の試算通りなら投資の回収には100年かかるが、深夜の電気料金とボイラーとレンジの購入費用を考えると、少ないながらも投資効果はあり、と判断した。現地調査で工事費用が跳ね上がらない限り、導入することになるだろう。支払いは一括にするつもりだ。

2014/09/10(水)人間ドック

 1泊2日の人間ドックでいろいろ検査を受けてきた。通常の健診と異なるのは血糖値の負荷検査(空腹時に採血した後、ブドウ糖をコップ一杯飲み、30分後、1時間後、2時間後に採血し、インスリンの出方を見る)と頭部MRI、腹部と頸部の超音波検査があること。初日は午後2時過ぎに終わり、2日目は午前9時過ぎには終わったので1日でも終わる検査量だ。

 結果はLDLコレステロールを除いてすべて正常値の範囲内。LDLは正常値を少し上回った。医師によると、原因はダイエットの行き過ぎらしい。糖質を制限しすぎるのはよくないとのこと。ぼくの場合、昼食のご飯を少し減らしているだけなので、過度に制限しているわけではないんですけどね。朝ご飯を食べずにスムージーとカフェオレで済ませることが多いのでそのためか。3食きっちり握りこぶし大の糖質は摂った方がいいそうだ。はい、気をつけます。

 体重は今年4月の健診時より100グラム減っただけだったが、腹囲は2センチ減。これは筋トレが効いているらしい。自分で腹囲は測っていないのであまり実感がなかったが、効果があるものだなあ。

 MRIと超音波検査で分かったのは動脈硬化が少し進んでいること。「他の数値がこんなに良いのに動脈硬化が標準より進んでいるのはタバコが原因でしょう。ぜひ禁煙してください」とのこと。はい、検討します。

 宿泊先は市内のホテルだった。部屋に入って愕然としたのは灰皿がなかったこと。禁煙ルームだ。病院が手配するわけだから、当然こうなるのでしょう。というわけで12時間ほど禁煙した。

2014/08/31(日)石けんシャンプーと筋トレ

 昨年12月中旬、頭皮の湿疹がひどくなって病院に行った。ステロイド系の塗り薬などをもらい、「シャンプーは石けんに変えた方が良い」と医師のアドバイスを受けた。普通のシャンプーを使うと、頭皮がしみて痛かったのだ(これ、相当にひどい症状だ)。生協で液体石けんシャンプーを買い、使い始めて2カ月ほどで頭皮の湿疹はすっかり良くなった。フケも出なくなった。1カ月ほどは塗り薬も使ったので、石けんシャンプーが良かったのかどうかはよく分からない。とりあえず、それ以来、シャンプーは石けんである。

 石けんシャンプーは7年ほど前までも使っていた。やめたのは白髪を目立たなくするシャンプーを使い始めたからだ。ヘナ入りのシャンプーで、長年使った経験から言うと、白髪を目立たなくする効果はあまりなかった。使い方が悪かったのかもしれないが、気休めみたいなものだったなと今では思う。

 ヘナ入りシャンプーをやめて白髪が一気に増えたかというと、そんなことはない。むしろ、以前より減ったような気がする。以前は側頭部に目立っていた白髪が目立たなくなったのだ。これ、自分でそんな気がしているだけで、他人から「白髪が減りましたねっ」とはっきり言われたことはない(2カ月ほど前、散髪屋の主人に「あれ? 白髪染めは使っていないよね?」と聞かれたことはある)。だいたい他人は他人の頭に白髪が多かろうが少なかろうが、そんなに気にしてはいないのですよ。

 で、なぜ白髪が減った(と思える)のか原因を考えてみた。検索してみると、石けんシャンプーは白髪や抜け毛の予防効果があるという意見の一方で、効果はなかったという声もある。僕自身、白髪が目立ってきたために石けんシャンプーをヘナ入りシャンプーに変えたぐらいだから、石けんシャンプーだけの効果とは言えないだろう。原因として思いつくのは4月下旬から始めた筋トレだ。

 筋トレをすると、傷んだ筋肉を修復するため成長ホルモンが分泌される。それによって筋肉が以前より大きくなる(これを超回復と言う)。同時に成長ホルモンには若返り効果があると言われる。細胞の新陳代謝を促進するからだ。ということは髪の毛の成長にも一定の効果がありそうだ。「筋トレ 白髪」で検索してみると、確かに効果があるとの意見がある→筋トレ(加圧トレーニング)と成長ホルモン-白髪を減らす&増やさない.com

もう一つの原因と思えるのは昨年10月から始めたダイエット。摂取カロリーを抑えることで月に数百グラムの減量を目指す緩やかなダイエットで、合計6キロほど体重を減らした(現在のBMIは標準の22を下回っている)。食事のコントロールは血糖値のコントロールにつながる。老化を促進する物質AGEは血糖値が高い状態で分泌される。AGEの分泌を減らすには血糖値を低く保っておく必要があるのだ。間食を一切やめ、ご飯の量を少し減らして(糖質の摂取を少し制限して)いく食生活を続けたお陰でAGEの分泌を抑えられ、白髪が減ることにもつながったのではないか。ただ、ダイエットをすると、脂肪だけでなく、必ず筋肉も落ちる。女性の場合はあまり気にならないでしょうが、男は筋肉が落ちると、体つきが貧相になってしまう。だから筋トレを始めたわけです。

 というわけで、どれが白髪を減らすことにつながったのか決定的なことは言えない、石けんシャンプーとダイエットと筋トレと食生活に気をつけることが総合的に作用したのだと思う。そもそもが気のせいということも十分に考えられる。

 筋トレに関して付け加えておくと、徐々に負荷を上げ、6月から腕立て伏せ150回と腹筋(レッグレイズ)180回を1日おきに交互にやってきた。1カ月ほどで効果は見えてきて、このまま行けば腹筋が割れるかもと思えた。しかし、そう簡単に腹筋は割れないので「腹筋を割る技術 」(amazon)という本を読んでみた。著者はEXILEメンバーなどのトレーニングを指導している人。この本で紹介されているクランチとツイストクランチのやり方も取り入れ始めたが、まだ3日目なので効果は見えない。続ければ、体をより引き締めることにつながるのではないかと期待している。

 この本、内容は筋トレの初心者向けと言える。より詳しく筋トレについて知りたい人はスロートレーニングの第一人者である石井直方さんの著作が役に立つと思う。

2014/07/05(土)ルートビア

ルートビア

 去年、スティーブン・キングの「11/22/63」(amazon)を読んで以来、飲んでみたかったルートビアが市内のスーパーの沖縄食品展で販売されていたので家内に買ってきてもらった。ネットで買おうとすると、24本入りしか販売していないのだ。なにしろサロンパスのような風味といわれる飲み物だから、24本も買うわけにはいかない。沖縄に行かないと飲めないか、とあきらめていたところだった。

 買ってきたのはA&W Root Beerで1本が税込み70円。安い。冷やして飲んでみた。サロンパスのような風味ってどういうものだと思ったら、僕には極めて普通の炭酸飲料の味だった。これならいくらでも飲める(飲まないけど)。ただ、次女に飲ませたら、「うへぇ」という顔をした。まあ、コカ・コーラも最初はそんな感じだったのでしょう。

 作り方はいろいろあるらしいが、Wikipediaによると、A&Wルートビアの成分はタチアオイ、カンゾウ、サッサフラス油、サルサの根のエキス、ブドウ糖、カバの木のエキス、桜の木のエキスなどらしい。砂糖が45グラムも入っていてカロリーは170Kcalもある。元々、炭酸飲料は飲まないので、これも積極的に飲もうとは思わない。沖縄に行った時ぐらいは飲んでもいいかな。

OK キャンセル 確認 その他