2014/09/14(日)「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」

 派手なVFXがてんこ盛りだが、素性はB級作品。スペースオペラは本来がB級SFなので、当たり前と言えば当たり前か。物語はお宝の争奪戦というありふれたものだし、主役のピーター・クイルを演じるクリス・プラットは単なる肉体派でスター性があるとは言えない。VFXの出来も「スター・ウォーズ」や「アバター」などに比べると、驚くような部分はない。ジェームズ・ガン監督の演出もA級作品が備えるような格調の高さなんて微塵もなく、際立った部分は見当たらない。

 しかし、B級であっても楽しめる作品は多くて、これもそんな1本になっている。特にアライグマのロケットと樹木型ヒューマノイドのグルートのコンビがC-3POとR2-D2を思わせるおかしさで楽しい。グルートは「私はグルート」としか話さないが、それでもロケットに意思が通じているところなんて3POとR2コンビそのままだ。予告編を見たときにはこんなメンバーで大丈夫かと思ったが、映画はこのコンビが強力に支えている。

 「史上最もヒーローらしくないヒーロー」たちの冒険を描くこの映画にとってB級風味が漂うことは少しもデメリットにはなっていない。欠点だらけだけど愛すべきキャラクターたちの活躍する映画は大衆性を備える。ドラマティックな悲壮感も大上段に振りかぶった部分もない気楽に見られる映画であり、それが逆に好感度の高さにつながっている。

 続編にはエンド・クレジットの後に出てきたマーベルのあのキャラクターも加わるんだろうか。

2014/09/11(木)「オーガストウォーズ」

 2008年の南オセチア紛争(ロシア・グルジア戦争、8月戦争)を舞台に描くSF戦争アクション、というのは真っ赤な嘘。SFの部分は子供の空想に過ぎず、本筋はSFでもなんでもない。国境近くの戦場に取り残された子供を救いに行く母親の姿を描いている。

 ロシア映画なのでもちろんロシア側視点でロシアの正当性を強調して作られている。なんせ、敵兵はすべてマスクをかぶっていて素顔が見えないのだ。敵を人間として描くことを放棄しているわけだ。話自体にもリアリティがない。

 それ以上に数年前に起きた実際の戦争をこんな風に描くのはどうも釈然としない。グルジアの人たちがこの映画を見たら、「いい気なもんだ」と怒るのではないか。きっと数年後にはウクライナのクリミア危機を舞台にした映画が作られるのでしょう。

2014/09/10(水)「LUCY ルーシー」

 使っていない脳の領域を覚醒させたら、ああいう超能力が使えるようになるという設定にリアリティーがないし、その引き金になるのが組織の作ったドラッグというのも説得力を欠く。だいたい、あんなチンケな組織をやっつけるのに能力を100%覚醒させる必要はないだろう。超能力の無駄遣いもはなはだしい。

 リュック・ベッソン、完全にSFの領域に踏み込んで映画を作るのは自信がなかったのだろう。だから手慣れた題材にSF風味を取り入れてみましたという感じの映画にしかならない。組織の凶悪なボス、チェ・ミンシクの役柄と役作りは明らかに「レオン」のゲイリー・オールドマンを踏襲している。

 89分という短い上映時間なのに長く感じるのはアイデアと展開のさせ方に工夫が足りないからだ。安全パイで造ったら、いいところなく失敗した例と言える。まあ、それでもスカーレット・ヨハンソンの魅力を十分に見せてくれれば良かったのだけれど、能力が覚醒してからのヨハンソンは表情が消えてしまい、あまり魅力がないのが残念だ。

2014/09/06(土)「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海」

 中高生向けかと思ったら、小中学生向けのようだ。可もなく不可もなしのレベル。子供にせがまれて一緒に見に行く親もそれほど退屈せずに見られるレベルにはなっている。本当は親ものめり込んで見るような映画が望ましいのだけれど。

 こうしたファミリー映画が興行上強いのは日本もアメリカも同じなのだ。クロノスがあんなに簡単に倒されて良いのだろうか。あれでは神ではなく、単なる怪物だ。

2014/09/06(土)「ホワイトハウス・ダウン」

 これだけ見れば、そこそこの出来になっているが、先行作品のアイデアを引っ張ってくるだけでは情けない。定番の「ダイ・ハード」にロバート・アルドリッチ「合衆国最後の日」の風味を加えてみました、という感じの映画だ。

 特に「ダイ・ハード」の細部まで真似ているのが気になる。テロリストに1人のヒーローが立ち向かうという設定は同じでも仕方がないが、細部のエピソードにはオリジナルがほしい(「エンド・オブ・ホワイトハウス」もそうだった)。脚本家はお手軽に考えず、本気でアイデアを絞り出してはどうか。

OK キャンセル 確認 その他