2014/12/29(月)「年末スペシャル 朝まで!ドキュメント72時間」

 録画して見た。視聴者の投票で決めた傑作9本を放映。順位は以下の通りだった(かっこ内は初回放送日)。

1.大病院の小さなコンビニ(9月19日)
2.最北のバス停で(2月28日)
3.大都会 真夜中の大衆食堂
4.恐山 死者たちの場所(6月6日)
5.羽田空港 夏から秋へ(10月3日)
6.どしゃ降りのガソリンスタンドで(7月25日)
7.眠らぬ都会の動物病院(8月22日)
8.260人の巨大シェアハウス(1月17日)
9.オンザ・ロード 国道16号の“幸福論”(6月13日)

 2位と8位以外はいずれも初回放送時に見ている。個人的には6位の「どしゃ降りのガソリンスタンドで」がとても好きだ。後半に重たい身の上の人たちが連続して登場するのに暗くない。人間、暗いばかりで生きてはいけないのだ。それぞれに大変な苦労があるんだけれど、みな前向きだ。素晴らしい。ガソリンスタンドでこんな話が聞けるなんて事前には予想できないだろう。

 1位の「大病院の小さなコンビニ」に出てきた夜勤明けに栄養ドリンク2本を飲む女医さん(「婚活ができない」と話していた)は彼氏ができたとのこと。良かった良かった。インタビューの好感度がものすごく高かったので、最高の婚活になったのではないか。

 番組へのメールのほとんどが40代~50代の男性からだったのが印象的。週末、疲れて帰ってきて一息ついてこの番組を見て、皆さん、元気づけられているんじゃないかと思う。市井に生きる普通の人たちの普通の声が聞けるのがこの番組の良いところだ。普通のことだと思うのに、そういう番組はほかにない。2015年も引き続き楽しみにしてます。

OK キャンセル 確認 その他