2020/04/05(日)オットー・プレミンジャー監督の2本

 amazonで古い映画を検索したら、ネット広告に「バニー・レイクは行方不明」が出るようになった。1965年のオットー・プレミンジャー監督作品。題名に惹かれてamazonプライムビデオで見た(レンタル199円)。

 アメリカからロンドンに来たシングルマザーのアン・レーク(キャロル・リンレー)が4歳の娘バニーを保育園に入園させる。迎えに行くと、保育園の誰もがバニーを見ていない、知らないと言う。アンは兄のスティーブン(キア・デュリア)と警察に届け出る。ニューハウス警部(ローレンス・オリビエ)が捜査を始めるが、アンのアパートからはバニーの服やおもちゃなどがすべてなくなっていた。警察はバニーの存在そのものを疑い始める。すべてはアンの狂言ではないのか?

 ある人物が消えて、その存在そのものが疑われるという映画はヒッチコックの「バルカン超特急」(1938年)あたりが最初か。子どもがいなくなるという発端ではジョディ・フォスター主演の「フライトプラン」(ロベルト・シュヴェンケ監督、2005年)やクリント・イーストウッド監督「チェンジリング」(2008年)などがある。こうした映画では主人公も含めて登場人物の誰かが嘘をついていることになる。プレミンジャーの演出は手堅く、一見の価値はある。

 イヴリン・パイパーの原作は2003年に早川書房のポケミスから出たようだが、現在は絶版。ちなみにKINENOTEには「バニーレークは行方不明」のタイトルで登録されているから、日本公開時はこれだったのだろう。DVDのタイトルは「バニー・レークは行方不明」となっている。



 プレミンジャーのミステリーは以前、「ローラ殺人事件」を録画して未見のままになっていた。見ようと思ってパソコン内とブルーレイディスクを探したが、見つからなかった。しょうがないのでDVDを買って見た。

 1944年のモノクロ作品。IMDbの採点は8.0、ロッテン・トマトでは100%が肯定的で、すこぶる評価が高い。KINENOTEでは73点。ニューヨークで有名なデザイナーのローラ・ハント(ジーン・ティアニー)が猟銃で顔を撃たれ、無惨な死体となって発見される。ニューヨーク市警の刑事マーク・マクファーソン(ダナ・アンドリュース)が捜査を始め、容疑者としてプレイボーイで彼女の婚約者シェルビー(ビンセント・プライス)、叔母でシェルビーと関係のあったアン(ジュディス・アンダーソン)、ローラの才能を見出し育てたコラムニストのウォルド(クリフトン・ウエッブ)らが浮かび上がる。

 DVDの画質が(廉価版なので)良くないこともあって、どこが優れているんだかと思いながらボーッと見ていたら、中盤にあっと驚く展開があった。この映画、ここに尽きる。これ、後年の映画や小説にも影響を与えているだろう。レイモンド・チャンドラーの某作品もこれを参考にしているのではないか。というわけで、ミステリーファンなら見て損はない。この原作(ヴェラ・キャスパリ著)もポケミスから出ていたが、絶版。



 これ、YouTubeでは300円で配信している。画質は予告編を見る限りはDVDより良いが、本編はどうだろう。


2020/02/02(日)「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」

 経済評論家の山崎元さんがマルチスコープ(「会社から自由になるためのお金」をつくる骨太で簡単な2つの方法)で「大変面白い」と評していたので読んだ(山崎さんは本書のオビでも推薦している)。「富へのシンプルな投資法」と考え方を解説した本である。

 著者のジェイエル・コリンズが勧めているのは全米の株式全体に投資するバンガードのトータル・ストック・マーケット・インデックス・ファンド(VTSAX)。これをETFにしたバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)は日本のネット証券でも購入できるし、このETFを投資対象にした「楽天・全米株式インデックス・ファンド」などもある。インデックス投資を行っている人にとって本書は特に目新しい内容ではないが、こうした本を読むメリットは自分の投資法が間違いないかを確認できることにある。

 30の章の中で特に納得したのは23章の「ドルコスト平均法を好まない理由」。毎月一定額を積み立てるドルコスト平均法は実践者が多く、僕もやっている。著者がこれを好まないのは「(ドルコスト平均法は)投資した後に市場が下がるリスクを回避する代わりに市場が上昇を続けてトータルのコストが上がるリスクを背負っている」からだ。著者によると、1970年から2013年までの43年間のうち、33年間、市場は上昇しているという。これは全期間の77%に当たる。

 しかも市場は暴落の期間を含んでも全体としては右肩上がりで上昇してきた(1991年までのバブル期をまだ超えていない日本株は特殊な例だ)。これはインデックス投資が有利なことの裏付けでもある。だから定額を定期的に投資するよりも一度に多額を投資した方が有利なのだ。ただし、若い時には多額の投資資金を持っていることはまれだし、一度に投資して下落相場に入った場合は心理的にもたないかもしれない。山崎元さんもドルコスト平均法を「気休め」と言っているが、下落相場の心理的負担を和らげてくれる効果は否定できない。

 著者はこう付け加えている。
あなたが資産を維持するステージにいる場合には、変動をなだらかにするために債券を含むポートフォリオになっているはずです。その資産配分に従って、まとまった資金を投入してください。その資産配分自体がリスクを低くしてくれます。
 つまり退職金などを全額、株式ファンドに投資するのはリスクが大きいということ。もし過去に投資経験がなく、仕事を引退して初めて投資をする場合には「eMaxis Slimバランス(8資産均等型)」などのバランスファンドがふさわしいのではないかと思う。このファンドは日本株や債券、先進国株、REITなど8種類の資産に12.5%ずつ投資する。「わたしのインデックス」の資産配分ツールでこの比率に合わせたポートフォリオを作り、過去20年間の平均リターンを調べると、6.9%となった。
eMaxis Slimバランス(8資産均等型)のリターン

 これはあくまで平均リターンで、世界金融危機(2007年7月-2009年2月)の時期にはマイナス48%という大暴落となった。1000万円の投資額が520万円まで減る計算。こうした暴落は今後も必ず起きることであり、それに耐える覚悟は必要だ。


2020/01/25(土)Adobe Acrobatの代替

 Adobe Acrobat2015のサポートが4月7日で切れるそうだ。AdobeはPhotoshopなど他の製品と同様、サブスクリプションプランに移行させるつもりだ。しかし、プランの価格が高すぎる。Pro版の場合、年間プランで18,960円、スタンダード版でも16,560円。Acrobatが高機能なのは分かっているが、そんなに頻繁に使うわけでもないので買い切り版を探したい。

 ジャストシステムのJust PDF 3はページ番号を打つ機能がAcrobatより大幅に劣るのでダメ。WondershareのPDF Element7を試してみたら、Acrobatと同じようなインターフェースで使いやすかったのでこれに決めた。

 価格は公式サイトから購入すると、永久ライセンス版は9,980円。これがベクターPCショップでは6,989円だった。安いです。amazonには古い製品しかなかった。楽天市場にはあったが、Mac版が5,000円台なのにWindows版は9,000円以上する。Yahoo!ショッピングも同じような感じ。買うならベクターがお勧めです。

 購入後にベクターからライセンスキーが送られてくるので、Wondershareのサイトに新規ユーザー登録して、ログイン後、「製品引き換え」からシリアル番号を入力すればOK。

 使い方はYouTubeにあったが、バージョン6のものだった。ま、あまり変わってないでしょう。


2019/12/31(火)設定の同期とPIN

 ノートパソコンを買い換えた。古いパソコン(Surface Pro2)は買って6年。まだ使えるのだが、画面の小ささが以前から不満だった(タブレットのように使うからこのサイズで十分と、納得して買ったんですけどね)。当初は価格が下がってきたSurface Laptop3を買うつもりだったが、DellのInspiron 5485(14インチ)が安かったので、ほぼ衝動的に買ってしまった。

 Officeパーソナルを付けても税込みで8万円余り。安い理由はCPUがAMD Ryzen 5 3500Uモバイルプロセッサーだからだが、インテルのCore i5と同等の能力だし、メインマシンではないので、まったくかまわない。

 1日がかりで設定やソフトのインストールを終えた後に、デスクトップパソコンを起動したらPINが無効になっていた。PINの入力を何度も間違えると、こうなるらしいが、間違ったことはない。原因を考えてみると、どうもデスクトップとノートの双方で「設定の同期」をオンにしているためではないかと思い当たった。これぐらいしか、原因と思えるものがないのだ。

 「設定の同期」は便利な機能で、オンにしておくと、マイクロソフト・アカウントでログインしたパソコン間の設定を同じにしてくれる。プリンタの設定などが簡単にできるのが良い。デフォルトでは同期がオンになっている。

 ノートパソコンは指紋認証でのログインができるが、デスクトップにはない。この関係でPINに影響したのではないかと思う。とりあえず、デスクトップのPINを再設定したら、その後は無効になることはなくなった。

 新しいノートパソコンはスタンダード機なので特別な感動はないが、普通に使えている。ちょっと気になっているのはたまにプチフリーズすること。マウスやキーボード入力を10秒程度受け付けなくなる。頻発するわけではないので、大きな影響はないが、以前使っていたDellのデスクトップでも同じような症状があった。グラフィックボードのドライバをアップデートした後は症状が出なくなったから、今回もドライバ関係なのだろう。

2019/09/09(月)ラビスタ霧島ヒルズに一泊

 本当は別府にオープンしたインターコンチネンタルホテルに泊まりたかったのだが、9月中はまったく空室なし。さすがに人気ですね。じゃあ、ということで別府ではなく、霧島温泉郷で探し、昨年12月オープンのラビスタ霧島ヒルズを1カ月ほど前に予約した。外観は南欧風の作りで部屋には高級感がある。

ラビスタ霧島ヒルズ。ガーデンプール側からスマホで撮影

 トリップアドバイザーの口コミによると、ここには以前、霧島第一ホテル スパヒルズ(あるいは霧島スパヒルズ)というホテルがあり、その閉館跡に建てられたらしい。古いホテルは閉館前には「1万円以下で泊まれる老朽化したホテル」という評価に落ちていたようだ。ラビスタ霧島ヒルズは北海道から沖縄まで全国にホテルを持つ共立リゾートの九州初進出のホテルとのこと(共立リゾート施設一覧)。4階建て、部屋数105室で、リゾートホテルとしては大きくない。

ホテル正面。ドライブレコーダーの動画から画像切り出し

 古いホテルが低い評価であったにしても、国道223号から400メートルほど坂を上った、名前通りの丘の上にあるロケーションは良い。3人泊まれるデラックスツインの部屋(4階だった)からは桜島と錦江湾が一望できた。広いベランダにはハート型の浴槽(温泉のお湯が出る)がある。1階に大浴場があるのだから、これいらないなと思ったが、家族が大浴場に行った間に入ってみたら、悪くはなかった。

 しかし、気持ち良いのはやっぱり大浴場の方で、リーフレットを引用すると、内湯、露天風呂、寝湯、シルキー湯、打たせ湯、水風呂、ドライサウナ、ミストサウナ、岩盤浴がある。このほか貸し切り湯が3つあり、空いていれば予約なしで入れる。

 ここの売りはペットの犬と一緒に泊まれること。といっても生後6カ月以上で、10キロ以下の小型、中型犬のみ。うちの犬は15キロほどあるので泊まれません。犬が泊まれる部屋は3階の19室。僕が泊まった日は5組が利用していたようだ。

 食事は1階のレストラン。地元食材も利用したイタリア料理のコースで、この日のメニューは以下の通りだった。

・食前酒
 洋梨のカクテル(アルコールなしもある)
・オードブル
 秋野菜のピクルス
 サーモンクリームとブリーニ キャビア添え
 秋太郎の軽いスモークカルパッチョ
 いくらのコンソメジュレ
 黒豚のタン グリーンソース
・パスタ
 三色ニョッキのボロニア風
・パン
 本日のパン2種
・スープ
 マッシュルームのパイ包み焼き
・魚料理
 県産金目鯛のバプールノイリー風味カボスの香り
・サラダ
 秋野菜と真鯖のサラダ
・肉料理
 鹿児島県産黒毛和牛ステーキ赤ワインソース
または
 鹿児島県産黒豚のローストポーク赤ワインソース
・ご飯
 ご飯 お吸い物 香の物
・デザート
 りんごのシブーストとフルーツ添え
 コーヒーまたは紅茶

 お腹いっぱいになったので、うちの家族はご飯はパスした。食事の時間は午後5時20分からと午後7時半からの2回に分かれていて、午後5時20分の方を選んだ。コースを食べ終わるのに1時間半ほどかかったが、宿泊客全員が同じメニューなので、効率は良いだろう。

 ただし、こういう食事だと、連泊が難しくなる。2日間、同じコース料理は食べたくありませんからね。国道沿いには飲食店もあるが、そこまでの行き帰りには400メートルの坂道があり、高齢者には厳しいのではないか。クルマで行けば良いのだろうけど、酒が飲めなくなる。規模の大きなリゾートホテルにはたいてい、洋食と和食、中華など2つ以上のレストランがあるが、105室の客数では難しいのだろう。

 それを除けば、本当に良いホテル。従業員の対応もサービスも良かった。部屋にはコーヒー豆とミルがあり、これで挽いて淹れたコーヒーは深煎りでおいしかった。湯上がりにはヨーグルトやアイスキャンディーのサービスがある。縁日のイベントではサブレをゲットさせていただいた。ありがとうございました、機会があったら、また。

OK キャンセル 確認 その他