2016/10/22(土)3年ぶりの沖縄

 1泊2日の出張で沖縄に行ってきた。沖縄は3年ぶり。数えてみると、仕事では5回目、プライベートでは家族で4回行っているから通算9回目になる。行きの飛行機は「那覇空港混雑のため」出発が30分ほど遅れた。1時間15分ほどで那覇空港着。いきなり暑い。宮崎に比べると、1カ月ほど季節が戻った感じ。上着もネクタイもいらなかった。

 空港ビルの3階にあるA&Wでモッツァバーガーのセットを注文。何度も沖縄に来てるのに、いつも4階のレストラン街に行き、この店には入ったことがなかった。ドリンクはもちろんルートビア。スティーブン・キング「11/22/63」で過去に行った主人公がとてもおいしそうに飲むルートビアを飲んでみたかったのだ。A&Wが出している缶入りは飲んだことがあるが、店では飲んだことがなく、沖縄出張が決まった時から楽しみにしていた。缶入りよりおいしく感じるのは気のせいか。

「ジョイランド」の表紙

 Twitterでつぶやいたら、キングの「11/22/63」文庫版のイラストを描いているイラストレーターの藤田新策さんからリツイートされた。藤田さんは「ミスター・メルセデス」や「ジョイランド」など最近のキングの本の表紙を描いている方。ついでにこの2作の感想を書いておくと、エドガー賞の「ミスター・メルセデス」はもちろん傑作なのだが、個人的には「ジョイランド」の方が好きだ。青春小説、成長小説にミステリを絡めた話で70歳近い作家の作品とは思えないほど切なく、みずみずしい。最近のキングは何度目かの絶好調の時期を迎えた感じがする。

 ゆいレール(モノレール)で県庁前駅まで行く。ゆいレールは1日(24時間)乗り放題券が700円と安い。終点の首里駅まで往復で660円なので、1日に3回以上乗るなら、乗り放題券がお得だ。モノレールは10分間隔で走っている。チケットはバーコードを読み取るタッチ式で、Suicaは使えない。Suicaを導入しなかったのは主にコストの問題らしい。

 夕方まで会議の後、宿泊先の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハにチェックイン。懇親会場はここの8階にあるレストランだった。部屋は最上階(15階)でとても良かったのだが、禁煙フロア。会議で一緒になった人はアイコスだったので、「こっそり吸う」と言っていた。まあ、こっそりじゃなくてもアイコスなら煙は出ませんからね(水蒸気は出る)。喫煙場所が6階にあるが、すごく狭い。喫煙者の肩身は狭くなるばかりだ。懇親会で久しぶりに飲んだオリオンビールがおいしかった。泡盛の水割りも数杯。「泡盛でポピュラーな銘柄は何ですか?」と聞いたら、残波とか久米仙だそうだ。久米仙は去年、沖縄に行った家内が買ってきた。

沖縄の泊港(Googleフォトが自動で作ったパノラマ写真)


 写真はホテルの部屋から撮影した泊港。スマホで4枚撮影したらGoogleフォトが自動でパノラマ写真にしてくれた。すごいなあ。勝手にストーリーを作る機能は知っていたが、パノラマ写真まで作るとは。

 沖縄滞在中に感じたのはアジア人観光客の多さ。ゆいレールでは中国語や韓国語が飛び交う。僕は計4回乗ったが、必ず中国人、韓国人がいた。先月行った福岡ではキャナルシティ博多の免税店ラオックスが閑散としていて、インバウンド消費の急減を実感したのだけれど、観光客はそうでもないようだ。沖縄の人に聞いても、中国人観光客が大きく減った印象はないとのこと。減ったのは中国が個人にも関税をかけるようになって採算が取れなくなった転売屋で、一般の観光客にあまり影響はないのだろう。平日でこんなに多いということは夏休みなどはもっと多いのでしょうね。

2016/07/20(水)「HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング」

 暑くなると、筋トレもウォーキングもおろそかになりがち。カツを入れるために筋トレ関係の本を探したら、この本にヒットした。「TBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』で紹介され、大反響!」と紹介にあるが、個人的にツボなのは著者の岡田隆さんが「石井直方教授に師事」とある点。石井直方さんの本は10年ほど前、ダイエットと筋トレに励んでいる頃、よく読んだ。数ある筋トレ本の中でもっとも論理的かつ明快だったのだ。スロートレーニングのやり方を解説した「体脂肪が落ちるトレーニング」は当時の僕のバイブルだった。

 その「体脂肪が落ちるトレーニング」に「最強」の2文字を加えた本書はHIIT(ヒート)について解説している。HIITとはHigh Intensity Interval Trainingの略。20秒間の高強度運動をして10秒間休み、これを8回繰り返す。たった4分間のトレーニングだが、これによって基礎代謝量が増え、その後48時間何もしないでも800キロカロリー消費した報告があるという。基礎代謝量は年齢と体重、筋肉量などに左右されるので800キロカロリーがすべての人にあてはまるわけではないが、燃焼効果が持続するのはメリットだ。

 本書にはDVDが付属しているので見ながらやればいい。最初のメニューはリザードウォークとスパイダーウォーク。リザードは腕立て伏せの体勢から右手を前に左足を大きく前に出して体を沈めながら前進する。スパイダーは仰向けで両手両足をついて後ろに進む。どちらも部屋が広くないと、すぐに壁や障害物にぶつかってしまうが、そういう場合はUターンしたり、逆方向に進んだりする。

 ベーシックプログラムはスライドスクワット、プッシュアップキック、スーパーマンフライ、シットアップリーチの4種類。いずれも1セットが20秒間なのでそんなにきつくはなく、初心者向けのプログラムだが、繰り返すとけっこうな運動量だ。僕は普段から腕立て伏せと腹筋、ダンベル運動はよくやっているが、これだと動かす筋肉が限られる。ストレッチ効果もあるHIITは全身をくまなく動かす感じがあり、気持が良い。今の時期だと、これだけで汗が噴き出してくる。さらにこれより強度の高いトレーニングも紹介されているが、そっちはまだやってない。

 本書の中でおっと思ったのは「脂肪燃焼が始まるのは運動開始20分からというのは誤解」という指摘。糖も脂肪も運動開始直後から消費されるが、20分たつと脂肪燃焼が糖の消費を上回るというのが正しいそうだ。筋トレの後に有酸素運動をすると、脂肪燃焼効果が進むと言われる。HIITをやったらウォーキングをしよう。

 ウォーキングと言えば、ポケモンGOがうつ患者を世界中で癒やしている理由という記事があった。「それは歩くことで、うつと関連性が深い脳内ホルモンであるセロトニンの分泌が促され」、うつの緩和に効果があるそうなのだが、うつの人は外に出たがらない。Pokemon GOをやるには外に出て歩かなくてはならない。最初の関門を突破できるので、うつの人には打って付けらしい。崖から落ちたり、交通事故にあったり、危ないと指摘のあるPokemon GOだが、メリットもあるわけだ。

【amazon】HIIT 体脂肪が落ちる最強トレーニング

2016/03/05(土)amazonの買い物総額

amazonでの購入件数・総額

 ライフハッカー日本版が「これまで『Amazonでつぎ込んだお金の総額』を確認する方法」というライフハッカー米版の記事を掲載している。なんのことはなく、CSVファイルをダウンロードしてGoogleスプレッドシートのSUMで計算するだけ。エクセルでも同じことはできるし、スプレッドシートの使い方ぐらい分かりそうなものだが、動画まで使って説明している。

 残念ながら、日本版amazonではCSVでのダウンロードはできないが、買い物記録はすべて見ることができるので電卓とエクセルで計算してみた。2002年から現在まで14年余りの買い物件数は245件、総額は75万816円だった。件数は多いが、総額はそれほどでもない。当初は本の購入がほとんどだったからだろう。一番多い年は2010年で15万円余り。この年は約10万円のブルーレイレコーダーを買ったためだ。本の中で最も高いのは2006年6月に買った「世界SF映画全史」で9030円(今は消費税が上がったため9288円になっている)。今だったら、こんなに高い本は躊躇するなあ。よく買ったもんだ。このほか、買ったのに読んでいない本が多数あった。いつか読まねば。

 今年の買い物は2カ月余りで既に7件。ムビチケをamazonで買うようになったし、TSUTAYAでのレンタルの代わりにamazonビデオを見るので、最も件数の多かった去年の39件より増えそうだ。ただ、本はYahoo!ショッピングで買うことが多くなった。Yahoo!ジャパンカードで買うと、ポイント2倍になるし、毎月5のつく日(今日もそうだ)は5倍になるため。値引きできない本の場合はポイントがつくサイトで買った方がお得です。

2016/02/09(火)活動量計とウェルネスリンク

 読書ブログの方に書いたが、「やってはいけないウォーキング」を読んで、1日8000歩を目指さなくてはという気になった。スマホには歩数計アプリがあるが、1日中持ち歩いているわけではないので正確な歩数は分からない。というわけで活動量計を買った。オムロンのカロリスキャンHJA-403C。一昨日の朝、ヨドバシドットコムに注文したら、昨日の朝届いた。24時間で配達。amazonプライムより速い。なぜだと思って調べたら、福岡の店舗から発送していた。それなら速いはずだ。

 この活動量計は階段の上りや速歩きの歩数が記録できるのがメリット。昨日の歩数は8890歩、階段は170歩、速歩き5280歩、活動の消費カロリー487Kcal、基礎代謝を含めた総消費カロリー1944Kcal、脂肪燃焼量19.2グラムだった。

 初日としてはまずまずか。速歩きは普通にウォーキングしていれば、速歩きと判断するようだ。普段も意識して少し速めに歩けば良いので、そんなに大変ではない。しかし、これが「やってはいけないウォーキング」の言う「中強度」の歩きかどうかは分からない。

 活動量計のデータはNFCで(iPhoneはBluetoothで)スマホに送信すると、ウェルネスリンクに記録される。無料版だと6カ月分しかデータが残らないそうだが、CSVエクスポートができるので1カ月ごとにエクスポートしておけばいいだろう。スマホのアプリではエクスポート機能はなく、パソコンでアクセスした方がいい。パソコンの方が一覧性もあるので便利だ。

 活動量計を身につけていると、もっと歩かなくてはと思えてくる。ダラダラ歩いていると、効果がないので思わず速足にもなる。昨日は「このままでは8000歩行かない」と思ったので休み時間に書店まで歩いた。といってもすぐそばなので歩数はわずかだが、4階の職場から下りるのにエレベーターを使わず、階段を使った。今後はエレベーターは使わないことにした。

 ウェルネスリンクは便利なので体組成計もこれに対応したオムロン製品が欲しくなる。ちょうどうちの体組成計はボタンが壊れているのだ(測定に支障はない)。ただし、タニタ製も50グラム単位で計測できるものが安い。体重や体脂肪率は手作業で入力すればいいし、僕は手作業で記録することが好きでまったく苦にならない。NHKオンラインの「ガッテン流 計るだけダイエット」は2011年5月8日から記録を続けている(先日、データをエクスポートした)。散歩の距離や行った筋トレもエクセルに記録している。オムロンかタニタか、迷うところだ。

2016/02/02(火)Tカードプラスの新特典

 Tカードプラスの切り替えで新しいカードが先週届いた。TポイントはYahoo!JAPAN(YJ)カードの方が100円で1ポイント獲得できるのでたまりやすい。Tカードプラスは通常、200円で1ポイントなのだ。というわけで最近はTSUTAYAでもYJカードしか使わなくなった。そういう人が多くなったためか、Tカードプラスは4月から新しいサービスを始めるそうだ(http://tsite.jp/r/cpn/card/tcardplus/pc/index.html)。

 TSUTAYAでの買い物はいつでもポイント3倍。TSUTAYAでTカードプラスを使って1回でも買い物をすると、翌月は獲得ポイントが4倍になる。これはYJカードよりお得だ。僕はDVDやブルーレイのレンタルはまったく利用しなくなったが、蔦屋書店で本を買うことが多いので、これは朗報。Tカードプラスを久しぶりに利用しよう。

 TSUTAYAの本業のレンタルはどうなんだろう。ネット配信サービスが本格化して、一番影響を受けるのはTSUTAYAなのではないかと思う。大学生の長男でさえ、amazonプライムに加入した。しかし長男はなんというか、物知らずです。amazon Studentなら年会費1900円なのに、知らなかったらしい。プライムと同じサービスを受けられてポイントが10パーセント還元なのでとてもお得。大学生は間違えてプライムに入ってはいけません。

 TSUTAYAにも配信サービスのTSUTAYA TVがあるが、プライムを使い始めて、Fire TVで映画やドラマを見ていると、わざわざTSUTAYA TVを利用する理由がなくなった。レンタル料金もamazonの方が安いのだ。

OK キャンセル 確認 その他