2014/10/04(土)「なぜ時代劇は滅びるのか」

 日経夕刊のレビューで文芸評論家の縄田一男さんが五つ星を付けて絶賛していた。「この書評コーナーの最高点は星5つだが、この一巻に限り、私は10でも20でも差しあげたい。……(中略)本書を読んでいる間、私の心は泣き濡(ぬ)れていた。いや、時に号泣していた。春日よ、死ぬ時は一緒だぞ――。」。著者のあとがきに縄田さんの批評が引用されているのを読んで、このレビューの真意が分かった。著者が2011年に出した「時代劇の作り方」の縄田さんの批評に対する返歌がこの本であり、それに対して縄田さんが再び、日経のレビューで答えたということになる。

 映画・テレビで盛んだった時代劇はなぜ衰退したのか。著者はかつて視聴率30%以上を誇った「水戸黄門」終了の理由から説き起こして、さまざまな要因を挙げていく。製作費がかかる割に時代劇は視聴率が取れなくなった。その理由は内容のマンネリ化だ。テレビのレギュラー番組は徐々になくなり、次第に時代劇が分かる役者も監督も脚本家もプロデューサーもいなくなった。レギュラーがないから時代劇のスタッフは時代劇だけでは食べていけない。人材を育てる場もなくなる。こうした負のスパイラルが進み、今や時代劇は風前の灯火なのだそうだ。

 今年2014年は映画「るろうに剣心」2部作や「柘榴坂の仇討」「蜩ノ記」という良質な時代劇が公開されたのでそんなに衰退している感じは受けないのだけれど、時代劇を巡る状況は相当に深刻らしい。時代劇の分からないプロデューサーが作ったNHK大河ドラマ「江」や時代劇の演技を拒否した岸谷五朗主演の仕事人シリーズを著者は強く批判する。時代劇を愛する著者の危機感は大きいのだ。

 ただ、時代劇衰退の理由と現状はよく分かるが、ではどうすればいいのか、という提言がこの本にはない。テレビでレギュラー枠を復活させるのがいいのだろうが、視聴率が取れない以上、いきなりは難しいだろう。単発で質の高い面白い時代劇を作り、視聴率の実績を挙げ、レギュラー化を勝ち取っていくしかないと思う。これは相当に困難な道だ。

2014/10/03(金)「犯罪心理捜査官セバスチャン」

 最後の一撃にやられた。これは予想していなかった。

 心臓をえぐり取られた被害者という設定はサイコスリラーの様相だが、実際には警察小説。スウェーデンの殺人捜査特別班の面々の捜査を描いていく。主人公のセバスチャン・ベリマンは自信過剰でセックス依存症の迷惑男。ユーモラスな半面、スマトラ島沖地震による津波で妻子をなくした過去にとらわれている。他のメンバーも個性豊かに描き分けられ、入り組んだ人間関係も読みどころだ。

 最後の一撃が効果的なのは終盤に立ち上がってくる家族のテーマと密接に絡んでいるから。これはうまい。訳者あとがきによれば、シリーズは現在、第4作まで続いているとのこと。続きが読みたくなる。

2014/04/30(水)再読したい「夜明けの睡魔」

 ミステリマガジン6月号の「小さな異邦人」の書評を読んで、連城三紀彦の作品が読んで見たくなった(読んだことなかったんです)ので、電子書籍で「戻り川心中」を読んだ。収録された短編5編のうち、推理作家協会賞を受賞した表題作が最も面白いが、どう考えてもこの主人公、精神的に病んでいる。普通の人はこういうことを考えないし、考えても実行はしないだろう。

 考えてみると、アガサ・クリスティー「そして誰もいなくなった」やエラリー・クイーン「Yの悲劇」の犯人も一種のサイコパスだ。普通の人には予想もつかない犯行を実行する点でどこかに異常さが潜んでいる。亡くなったミステリ評論家の瀬戸川猛資さんも名著「夜明けの睡魔」で「Yの悲劇」の犯人の異常性を指摘していたと思う(本が行方不明になっていて確認できない)。

 創刊700号を記念したミステリマガジン6月号ではミステリ関係者71人が思い出のコラムについて語っていて、「夜明けの睡魔」を挙げている人が多い。瀬戸川猛資さんはハードボイルドや冒険小説に冷たい視線を送っていた人で僕とは好みが正反対なのだが、それでも納得できる指摘が多く、連載をまとめた「夜明けの睡魔」がミステリガイドの決定的な1冊であることに異論はない。どころか、ものすごく参考になり、それ以上に読んで面白い本だ。

 瀬戸川さんは映画ファンでもあり、映画に関する「夢想の研究」というコラムも連載していた。故双葉十三郎さんの「ぼくの採点表」単行本の編集者も務めた。映画ファンでミステリファンという人はけっこう多く、相関性が高いのではないかと思う。

 なんてことを書いていたら、「夜明けの睡魔」を再読したくなった。1980年代の連載をまとめた本で、1999年に文庫化されている。こういう名著こそ電子書籍化してほしいものだ。

2013/11/24(日)「そして日本経済が世界の希望になる」

 リフレ派のノーベル経済学賞受賞者ポール・クルーグマンによるアベノミクス肯定論。国際ジャーナリストの大野和基がインタビューしてまとめたもので、クルーグマン自身の著書ではなく、日本でのみ発売されているそうだ。まあ、それはそうだろう。まだ途上にあるアベノミクスだけを論じた著書が欧米でそれほど関心を集めるとは思えない。英語のタイトル(クルーグマン自身がつけたものかは分からない)は「The World Looks to Japan's Economy Again」だから、「希望になる」は少しオーバーで「期待する」とか「注目する」というニュアンスだ。

 アベノミクスの三本の矢のうち、クルーグマンが特に評価しているのは金融緩和で、これはかねてからの持論だから当たり前。反対しているのは消費税増税で、「責任ある財政を求める時期尚早の努力は、回復をかえって遅らせ、経済を弱らせる結果を招いてしまう」としている。政府・日銀が掲げる2パーセントのインフレターゲットを達成すれば、公的債務は目減りし、税収も上がっていく。アベノミクスが始まったばかりで消費増税を決めるのは時期が早すぎるというわけだ。クルーグマン自身は4パーセントのインフレが必要としている。

 あくまでインタビューなので、新しさや深い内容があるわけではなく、サラッと読むのに適した本だ。解説で山形浩生が「6月の暴落」と書いているのには少し違和感がある。日経平均株価が1日で1144円も暴落したのは周知の通り5月23日。6月13日に12445円まで下げたから、ここまでの下げの期間を指しているのだろうが、発端となった日を指すのが普通だろう。

レモン収穫

収穫したレモン

 明日は雨になりそうなので、庭のレモンを収穫した。レモンの木は高さ3メートル近くになっていて、収穫用のハサミと高枝切りバサミを使った。高枝切りバサミは初めて使ったが、なかなかに重たいですね。レモンの木にトゲがあるのも初めて知った。

 収穫したのは150個以上。まだ数十個、枝に残っている。全部で200個以上、実を付けたんじゃないかな。緑色で硬いが、香りはいい。そのうち黄色くなるのでしょう。スーパーに並んでいるものより不格好だが、まったくの無農薬(ほったらかし、とも言う)なので安心。一部を出しておいて、残りは保存のため倉庫の冷蔵庫へ入れた。

2013/11/23(土)「先取り!NISA投資の銘柄選定教室」

 NISA口座で買う株の銘柄を紹介した電子書籍。毎週クスクス笑いながら聴いているラジオNIKKEI「櫻井英明の投資知識研究所」で昨日、PRしていたので買った。amazonのKindleストアで280円。迷いもなく買える価格だが、この価格で多くを期待してはいけない。1時間ほどで読み終わる本だろうと思ったら、15分で読み終わった。電子書籍オリジナルの本はお手軽なものが多いのだ。

 中身は「第1章 NISA具体的資産運用のすすめ」「第2章 初心者でもわかる銘柄選定法」「第3章 コレが足で稼いだ厳選10名銘柄」。NISAについて知っている人は1章、2章は読み飛ばしてかまわない。3章で紹介されている銘柄に投資して株価が上がれば、すぐに代金の元は取れるだろう。個人的に興味の持てる銘柄(10万円以下)もあった。

 NISA口座は短期の投資には向かないから、基本的に株式の保有にも向いていないと思う。保有する株でふさわしいのは高配当の銘柄ぐらいだろう。昨年10月までは配当利回り4、5パーセントの銘柄がいくらでもあったが、11月からの上昇相場で配当利回りはがくんと落ちた。今、高配当の銘柄は上昇に乗り遅れたものと見ていい。今後、上昇する可能性がないとは言えないけれど、期待薄ではないか。この10銘柄もNISAの外で買った方がいいのではないかと思う。

 個人的にNISA口座は日本株に偏ったポートフォリオの是正に使おうと思っている。外国株式の投信かETFを購入するつもりだ。山崎元「全面改訂 超簡単 お金の運用術」(amazon)ではTOPIX連動型上場投資信託とSMTグローバル株式インデックス・オープンを50:50の割合で購入することを勧めている。「ベストの運用ではないが、まあまあの運用ができる」というこちらの方がNISAの使い方としては納得できる。

OK キャンセル 確認 その他