2011/10/01(土)「アジョシ」

 もちろん「レオン」、そして「ランボー」を組み合わせたような話。虚無的な雰囲気を漂わせ、キアヌ・リーブスを思わせるウォンビンのアクションは体の動きが素早くて良いのだが、軍の特殊部隊出身という役柄を考えれば、ここはジャン・レノやスタローン、ドウェイン・ジョンソンのようなごつい男の方がリアリティーがあったかもしれない。

 ウォンビン目当ての女性客が多いけれど、臓器売買の組織の話なので目玉をくりぬいたり、ナイフで刺したりの残虐シーンがけっこう多い。韓国では昨年、630万人が見たそうだが、この数字、同じくウォンビンが出演している「ブラザーフッド」(2004年)の1200万人に比べれば、なんということはない。

OK キャンセル 確認 その他