2004/04/04(日)「サラマンダー」

 火を吐く竜が大量に繁殖して人類滅亡の危機に陥る話。設定は悪くないが、スケールが小さい。大量の竜と戦う場面を期待したら、1匹との戦いが数回あるだけ。竜の造型は良いのに、VFXにそんなにお金がかけられなかったのか?

 竜のオスは1匹だけで、あとは全部メスというのはリアリティを欠く(というか、都合のいい設定)。なぜサラマンダーが復活したのかの説明もほとんどない(獲物が繁殖するまで眠っていた、というだけではどうもね)。「生き残りたいなら、空だけ見てろ」というのはうまいキャッチコピーと思ったが、内容はB級だった。

 主演はクリスチャン・ベール、マシュー・マコノヒー。監督は「Xファイル」のロブ・ボウマン。

OK キャンセル 確認 その他