2001/12/26(水)「バニラ・スカイ」

 スペイン映画「オープン・ユア・アイズ」(1997年)をキャメロン・クロウがリメイクした。主演で製作を兼ねるトム・クルーズの依頼だったらしい。キャメロン・ディアスとペネロペ・クルス(ご存じのようにこの共演がきっかけでトム・クルーズと熱愛中とのこと。そのうちペネロペ・クルス・クルーズになるのか?)共演で、主演3人は魅力たっぷり。クロウの演出も音楽の使い方や映像の凝り方に見どころはある。だが、スピーディーにプロットを綴った予告編の方が面白かった印象。中盤、顔に大けがをしたクルーズがあれこれ悩むシーンなどばっさり短くすべきだったのではないか。このストーリー、ドラマよりもプロットを語るタイプのものなので、余計な描写に思えてくる。

 出版社を経営する裕福な男デヴィッド・エイムス(トム・クルーズ)は自分の誕生パーティーで美しい女ソフィア(ペネロペ・クルス)に出会う。デヴィッドはソフィアの純粋さに惹かれるが、セックス・フレンド(とデヴィッドが思っている)のジュリー(キャメロン・ディアス)はそんな2人を見て激しい嫉妬心を抱く。ソフィアの部屋から出てきたデヴィッドを車に乗せ、ジュリーは猛スピードで街中を走り、橋から落下する。この事故でジュリーは死亡。映画は殺人容疑で収監され、顔に大けがをしたデヴィッドが精神科医マッケイブ(カート・ラッセル)の質問に答える形で進行する。

 と、これ以上のストーリーは書けない。冒頭の人通りの絶えたタイムズ・スクエアをはじめ、キャメロン・クロウの映像はなかなか面白い。夢か現実か分からないシーンを挟み込み、フィリップ・K・ディックの小説を思わせるような世界。「オープン・ユア・アイズ」を見ていないので比較はできないが、かなり忠実なリメイクらしい。だからこれは元の作品の欠陥でもあると思うのだが、こういうオチはあまり褒められたものではない。本当なら、このオチは中盤に持ってきて、そこから物語を展開させたいところ。クロウの本質もじっくり語る方にあるだろう。徹底的に改変してソフィアとの純愛をもう少し前面に出した方が良かったような気がする。

 主人公が友人に語るセックス・フレンド(Fuck Body)というのはひどい言葉で、キャメロン・ディアスが憎悪するのも当然。こういう主人公ならば、ああいう目に遭っても仕方がないか。

OK キャンセル 確認 その他