2001/08/28(火)「キス・オブ・ザ・ドラゴン」

 ジェット・リー主演のアクション映画。キネマ旬報9月上旬号に「全米の批評家からの評価だが、必ずしも良好とは言えず、また観客からの受けもいまひとつといったところ」とあるが、十分に面白い出来。監督のクリス・ナオンよりも、製作・脚本のリュック・ベッソンのタッチが色濃く出ている。ジェット・リーはパンフレットで警察署殴り込みのシーンについて「一番意識したのは高倉健の任侠映画」と語っている。僕は映画全体に日活アクションの世界を連想した。アクション映画の定石を外していない作りに好感が持てる。

 中国の秘密捜査官リュウ(ジェット・リー)が麻薬組織摘発に協力するため、パリにやってくる。フランス側の捜査の代表はリチャード警部(チェッキー・カリョ)。ところが、リチャードはホテルで麻薬組織のボスを殺し、その罪をリュウになすりつけようとする。リチャードは麻薬組織に絡む悪徳警部だったのだ。という巻き込まれ型のプロット。警察からも組織からも追われ、リュウはたった一人でリチャードに戦いを挑むことになる。

 ジェット・リーは今回、製作にも関わり、特にアクション場面について自らアイデアを出したという。アクション監督は長年リーと組んでいるコーリー・ユエン。ホテルや街頭、船の上などで密度の濃いアクションが次々に披露される。ジャッキー・チェンとはひと味違ったこうしたアクションも見どころなのだが、それ以上に映画の細部に手を抜いていない。凶暴で狡猾なリチャード警部の役柄は「レオン」のゲイリー・オールドマンを彷彿させる。センチメンタルな濡れた音楽(クレイグ・アームストロング)も「レオン」のよう。加えてリチャードに迫害され、地獄のような日々を送っている薄幸な娼婦役ブリジット・フォンダがとてもいい。小品だが、しっかりと作られた佳作。

 「キス・オブ・ザ・ドラゴン」というタイトルの意味はラスト近くで判明する。あまり本筋とは関係ありません。

OK キャンセル 確認 その他