2000/09/13(水)「U-571」

 ドイツの暗号機「エニグマ」の奪取を図るアメリカの潜水艦の話。奪取には成功したものの、自分たちの潜水艦が撃沈され、Uボートで帰る羽目になる。味方に連絡すれば、無線を傍受され、エニグマの暗号を変えられる。それでは任務の意味がない。老朽化し故障したUボートで、ドイツ軍の追撃を振り切る様子がサスペンスたっぷりに描かれる。

 タイトルだけ出て、いきなり本筋に入るジョナサン・モストウの手腕はなかなかのもの。冒頭のUボート内部の描写はウォルフガング・ペーターゼン「U・ボート」を参考にしたのだろう。潜航に備えて乗組員が一斉に艦首へ走る描写などはそっくりだ。緊張感に満ちた描写が続き、爆雷の恐怖がどんなものか、よく分かる。対空砲火の怖さを描いた「メンフィス・ベル」をなんとなく思い出した。

 ただ、なぜ第2次大戦を舞台にしたのか、良く分からない。現代の原潜に置き換えても通用する話なのである。冒険小説では絶対的な悪役を設定するために第2次大戦のナチスドイツをよく持ち出すが、モストウ監督の場合、これ以外にUボートという魅力的な題材を扱いたかった側面があるのかもしれない。パンフレットにはこうあった。

 「現代の原子力潜水艦よりも、第2次大戦中の潜水艦の方が実に劇的な素材だと思う。軋んだり、悲鳴を上げたり、厚さわずか1.3センチの鉄の壁の密室なんだ、当時の潜水艦は。深く潜水し過ぎれば卵の殻のように潰されてしまう。まるでサーディン缶のようなものさ。その中で多くの人が戦ったというのは驚異的だ。ずっと温めていたのは、第2次大戦中の潜水艦をめぐるサスペンスがきわめて劇的だからさ」

 演出は力強く、感心したのだけれど、題材が古い分、オーソドックスすぎて新しさに欠けるきらいがある。既に良くできた古典という感じで、50年代、60年代の映画と言われてもそのまま通るような内容である。題材は古くても新しい感覚で映画化した方が良かったのではないか。この映画に足りないのは「プライベート・ライアン」の冒頭にあったような新しさだ。

 主演はマシュー・マコノヒー。“Matthew McConaughey”と書くが、どうもこの人、名前の読み方がまだ定まっていないようだ。

OK キャンセル 確認 その他