2016/11/29(火)「ミステリが読みたい!」のベストテン

 ミステリマガジン1月号は恒例の「ミステリが読みたい!」の特集号。国内篇1位は米澤穂信「真実の10メートル手前」、海外篇はアンデシュ・ルースルンド&ステファン・トゥンベリ「熊と踊れ」だった。2位以下は次の通り。

【国内篇】
2.「涙香迷宮」竹本健治
3.「リボルバー・リリー」長浦京
4.「彼女がエスパーだったころ」宮内悠介
5.「静かな炎天」若竹七海
6.「鍵の掛かった男」有栖川有栖
7.「許されようとは思いません」芦沢央
8.「挑戦者たち」法月倫太郎
9.「聖女の毒杯 その可能性は既に考えた」井上真偽
10.「アメリカ最後の実験」宮内悠介

【海外篇】
2.「ミスター・メルセデス」スティーブン・キング
3.「拾った女」チャールズ・ウィルフォード
4.「ザ・カルテル」ドン・ウィンズロウ
5.「悲しみのイレーヌ」ピエール・ルメートル
6.「スキン・コレクター」ジェフリー・ディーヴァー
7.「背信の都」ジェイムズ・エルロイ
8.「終わりなき道」ジョン・ハート
9.「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」ダヴィド・ラーゲルクランツ
10.「プラハの墓地」ウンベルト・エーコ

 ベストテンの対象は昨年10月1日から今年9月30日までに発売された作品。「このミス」や週刊文春とは1カ月ずれているので、本来なら昨年の作品である「悲しみのイレーヌ」が入っていたりする。他のベストテンには10月発売のルメートル「傷だらけのカミーユ」が入りそうだ。

 国内篇はSFの宮内悠介が2冊入っているのが意外。個人的にはこの2冊よりも「スペース金融道」の方に興味があったんですけどね。海外篇はデニス・ルヘイン「過ぎ去りし世界」が10位以内に入らず17位。「運命の日」「夜に生きる」に続く3部作の完結編だが、「夜に生きる」よりは少し落ちたので仕方ない。20位にキング「ジョイランド」が入っているのがうれしい。

OK キャンセル 確認 その他