2019/12/31(火)設定の同期とPIN

 ノートパソコンを買い換えた。古いパソコン(Surface Pro2)は買って6年。まだ使えるのだが、画面の小ささが以前から不満だった(タブレットのように使うからこのサイズで十分と、納得して買ったんですけどね)。当初は価格が下がってきたSurface Laptop3を買うつもりだったが、DellのInspiron 5485(14インチ)が安かったので、ほぼ衝動的に買ってしまった。

 Officeパーソナルを付けても税込みで8万円余り。安い理由はCPUがAMD Ryzen 5 3500Uモバイルプロセッサーだからだが、インテルのCore i5と同等の能力だし、メインマシンではないので、まったくかまわない。

 1日がかりで設定やソフトのインストールを終えた後に、デスクトップパソコンを起動したらPINが無効になっていた。PINの入力を何度も間違えると、こうなるらしいが、間違ったことはない。原因を考えてみると、どうもデスクトップとノートの双方で「設定の同期」をオンにしているためではないかと思い当たった。これぐらいしか、原因と思えるものがないのだ。

 「設定の同期」は便利な機能で、オンにしておくと、マイクロソフト・アカウントでログインしたパソコン間の設定を同じにしてくれる。プリンタの設定などが簡単にできるのが良い。デフォルトでは同期がオンになっている。

 ノートパソコンは指紋認証でのログインができるが、デスクトップにはない。この関係でPINに影響したのではないかと思う。とりあえず、デスクトップのPINを再設定したら、その後は無効になることはなくなった。

 新しいノートパソコンはスタンダード機なので特別な感動はないが、普通に使えている。ちょっと気になっているのはたまにプチフリーズすること。マウスやキーボード入力を10秒程度受け付けなくなる。頻発するわけではないので、大きな影響はないが、以前使っていたDellのデスクトップでも同じような症状があった。グラフィックボードのドライバをアップデートした後は症状が出なくなったから、今回もドライバ関係なのだろう。
OK キャンセル 確認 その他