メッセージ

2011年11月05日の記事

2011/11/05(土)「Space Battleship ヤマト」

 あまりの酷評で劇場公開時に積極的にスルーし、今回、WOWOWで観賞。なんだ、そんなに悪くないじゃん、というのが第一感で、たとえば原作アニメにあるイスカンダルとガミラスが姉妹星であるという設定は重力的にあんなに近い場所に2つの惑星が存在できるはずがないと当時思ったのがちゃんと修正されてるし、個と全体が同一の結晶生命体という変更はSF的には悪くありません。

 ただ、宇宙でのドッグファイトシーンはアメリカ映画より10年以上遅れているなあと感じざるを得なかったのが残念至極。山崎貴が監督とVFXを担当しながら、こうなのだから、彼我の差は予想以上に離れていて、下手すると、もう30年以上前の「スター・ウォーズ」にさえも全然かなわず、事態は相当に深刻。宇宙SFをほとんど撮らない日本映画界と予算をかけられない台所事情に根本的な要因があるのでしょう。

 「武士の一分」の時にも思ったのですが、木村拓哉の演技はバラエティを引きずった部分があって、とても残念。キムタク、恐らく二枚目に徹することをどこか恥ずかしいと思ってるんじゃないのかな。悲壮感たっぷりの主人公にはしたくないという思いがあるんでしょう。その思いをバラエティ演技で何とかしようと思うのは大きな勘違いなわけで、この勘違いを誰か早急にアドバイスしてあげた方が良いです。「スター・トレック」のクリス・パインのようなあり方が理想的なんでしょうけどねえ。

 あと、ワープできるんなら、さっさとイスカンダルまでワープすればいいのに、ということは原作アニメでも感じておりました。これ、何か制限の設定があったんでしたっけ?

OK キャンセル 確認 その他