メッセージ

2008年03月29日の記事

2008/03/29(土)「魔法にかけられて」

 日本語吹き替え版だったが、それでも面白かった。レベルの低いパロディではなく、おとぎ話のキャラクターの純粋さ、ストレートさを肯定する形の映画なので、見ていて楽しく気持ちがいい。ディズニーらしい作品だ。

 基本は「白雪姫」のいかにもおとぎ話といったアニメのキャラクターが現代のニューヨークに現れたらどうなるかというのを描いたロマンティック・コメディ。冒頭はアニメ。アンダレーシアという国の女王が王位を奪われるのを心配してエドワード王子と恋に落ちたジゼルを井戸に突き落とし、「いつまでも幸せに暮らしましたなんてことがない世界」の現代に追いやってしまう。ここから実写になり、ジゼル(エイミー・アダムス)はウエディングドレスを着たままニューヨークを右往左往する。

 雨の中、6歳の娘と暮らすロバート(パトリック・デンプシー)に助けられ、娘に気に入られてアパートに同居するようになる。エドワード王子(ジェームズ・マースデン)と女王の使いのナサニエル(ティモシー・スポール)もジゼルを追って現代へ。エドワード王子との結婚を夢見ていたジゼルは徐々にロバートに惹かれていく。

 ロバートの散らかったアパートをジゼルが動物を呼んで掃除させるのは「白雪姫」だが、ニューヨークなので呼ばれて出てくる動物はドブネズミと鳩とハエとゴキブリ、というのがおかしい(それでもネズミたちはちゃんと部屋を掃除する)。ナサニエルがジゼルを殺そうとして使うのは毒リンゴだし、クライマックスの「真実の愛のキス」も「白雪姫」を引用している。

 そうした設定を借りながら、映画はおとぎ話のキャラから見た現代の歪みをちょっと皮肉りながら浮き彫りにする。この視点を基本にした物語の作りはディズニーへの敬意が見て取れる。同時にもっとここを強調すれば、「パパラギ」のような文明批判になったかもしれないが、エンタテインメントなのでそこまではない。このほどほど感が映画を心地よいものにしているのだろう。セントラルパークがディズニーランドのようになるミュージカル的シーンが楽しい。CGのリスも出色。

 冒頭のアニメのタッチが「ターザン」に似ているなと思ったら、監督は「ターザン」のケヴィン・リマだった。実写でも大した演出力があるのだなと思う。エイミー・アダムスは今年34歳だけれど、純粋なキャラクターを演じても無理がない。「プリティ・プリンセス」のころのアン・ハサウェイにぴったりの役柄のように思えるが、歌が歌えるかどうかが問題だったのだろう。魔法使いの女王の役はスーザン・サランドン。ティモシー・スポールはどこかで見た顔だと思ったら、マイク・リー「人生は、時々晴れ」の父親役だった。

 ナレーションは原版ではジュリー・アンドリュースで吹き替え版は松坂慶子。吹き替え版も頑張っているが、ディズニーの日本語化は相変わらず徹底的で歌も日本語にしてしまうので、原版の歌が聴きたくなる。帰りにタワーレコードでサントラ盤を買った。

OK キャンセル 確認 その他