メッセージ

2012年06月14日の記事

2012/06/14(木)預け替え

 ゆうちょ銀行の定額貯金を解約してネット銀行に預け替えるために会社の近くの郵便局へ行く。届出印を間違って持参してきたことが分かり、自宅に取りに帰って今度は自宅近くの郵便局へ。余計なお世話というか何というか、2カ所とも窓口の担当者が「ちなみに何にお使いになるんですか?」と聞いてきた。うーん。こういうわずらわしさがないのがネット銀行の良いところだろう。定期預金の解約なんて印鑑は不要だし、一瞬で終わる。

 もっとも、こうした窓口でのやり取りが振り込め詐欺を防ぐことにもつながっているのだと思う。それを否定する気はない。しかし、ネット銀行の金利の高さや利便性から見て、ゆうちょ銀行や一般の銀行は融資を受けた企業や個人と、ネットに無縁の高齢者向けに特化していくしかないような気がする。

 解約した定額貯金には他行に一度振り込んだら手数料でなくなるぐらいの利子が付いていた。金利0.14%で6カ月しか預けていなかったので仕方ない。ネット銀行の場合、1年定期でも0.3%の金利。水は高い所から低い所に流れるが、お金は金利の低い所から高い所に流れるのだ。

 なんてことを考えていたら、グリーン法律事務所というところから、チラシが届いた。「(消費者金融などのローンで)払いすぎた利息を取り戻そう」という案内。利息制限法で決められた利息は元本10万円未満の場合、年20%。これ以上高い利息を取られていたら、法的手段で取り戻せるのだそうだ。それはいいんですけどね。年20%なんて無茶苦茶な利息を決めている法律に問題がある。超低金利時代に合わせて、せめて5%ぐらいに引き下げてはどうか。

OK キャンセル 確認 その他