2004/05/16(日)「シッピング・ニュース」

 E・アニー・プルーのピュリッツァー受賞作をラッセ・ハルストロムが監督した作品。悪女の妻ペタル(ケイト・ブランシェット)に逃げられた失意の中年男クオイル(ケヴィン・スペイシー)が娘のバニー、叔母アグニス(ジュディ・デンチ)とともに祖先が住んでいたニューファンドランド島に行き、祖先が残した古い家に住むようになる。クオイルは地元の新聞社で港湾(シッピング)ニュースの担当になり、託児所を営む未亡人ウェイビィ(ジュリアン・ムーア)ら、島の人々との交流の中で再生を果たしていく、という物語。

 ハルストレム監督作品だから、凡庸ではないけれど、名優4人が顔をそろえたにしては、やや盛り上がりに欠ける場面もある。日々の生活の中で、クオイル家の祖先の秘密や、アグニス、ウェイビィの悲惨な過去が徐々に明らかになるところなど人間ドラマとして深みが出てくるべき場面なのだが、どうも物足りない感じが残るのだ。いや、物足りないというよりは映画に温かみがあるため、鋭さに欠けた印象になるのかもしれない。ハルストレムはニューファンドランドの美しい風景と神秘を含めて、トータルな人間ドラマを目指したのだろう。

 クオイルの家の崩壊や、代々、海で溺死してきた家系のジャック(スコット・グレン)が復活するエピソードは過去のしがらみを捨てて、未来へ向かう人々の姿を象徴している。悲惨なエピソードもありながら、ラストが希望に満ちているのはそのためだろう。

OK キャンセル 確認 その他