2004/05/08(土)「スクール・オブ・ロック」

 主に小学校高学年から高校生ぐらいまでをターゲットにした映画だろう。といっても70年代のロックが中心だから、大人でもまず楽しめる。

 ロックバンドを首にされた歌手のデューイ(ジャック・ブラック)は居候している友人ネッド(マイク・ホワイト)から滞納している家賃の支払いを迫られる。ネッドにかかってきた電話を受けたデューイは稼ぐためにネッドになりすまして名門私立小学校の代用教員になる。しかし、何の資格もないデューイに授業ができるわけがない。最初は休憩時間ばかりにしていたが、音楽の時間に生徒たちの音楽の才能を見たネッドは、ロックの演奏を教え、バンドを組んで、ロックコンテストに出ようとする。

 ジャック・ブラックは「愛しのローズマリー」よりも適役。元々ロックが得意だそうで、おかしな演技とともに本領発揮という感じである。生活能力はまるでないダメ人間だが、ロックに対してはだれにも負けない情熱を傾ける。笑いと本気に境目がないブラックの演技は面白い。小学校の厳しい女性校長を演じるのがジョーン・キューザック。もうそんな役をする年齢かとも思うが、やはりこの校長も元はロック好きという設定で、パブでジュークボックスのロックを聴いてノリノリになったりする。やはりいつものキューザックなのである。

 ロックがすべてを解決するというのは、ロックファンにとっては言うことないだろうが、楽天的にすぎる展開とも思う。クラスに音楽の才能がある生徒が多いのは不自然とか、3週間も授業せずにすませられるわけがないとか、マイク・ホワイトの脚本には穴も目立つ。それをあまり感じさせないのはブラックの好演に加えて、監督のリチャード・リンクレイターのテンポのよい演出があるからだろう。

 ニューズウィークは昨年のトップ10の1本に選んだそうだが、僕はそこまで評価はしない。もう少し大人向けに作って欲しかった。

OK キャンセル 確認 その他