2004/05/03(月)「えびボクサー」

 体長2メートル10センチのエビで一山当てようとする3人の男女を描くイギリス映画。パッケージングはばかばかしいコメディなのだが、中身は中年男のしみじみ系である。しかし、それにしては話の作りの下手さが目立ちすぎて、あーあという感じである。劇中に「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(旧作の方)がテレビで流れる場面があるけれど、もちろんあの傑作の足下にも及ばない。

 かつてボクサーだった主人公ビル(ケヴィン・マクナリー)は今はパブを経営し、アル中寸前。趣味でボクシングのコーチをしているが、目をかけていたスティーブ(ペリー・フィッツパトリック)は成功しそうにない。そんな時、友人のなんでも屋アミッド(マドハヴ・シャルマ)から強力なパンチを持つ巨大エビの話を聞かされる。全財産はたいて巨大エビのミスターCを買ったビルはスティーブとその恋人シャズ(ルイーズ・マーデンボロー)とともにロンドンに行き、テレビ局に売り込もうとする。

 金儲けだけを考えていたビルが巨大エビに愛着を感じるようになって、という展開はまともだが、せっかく巨大エビを持ってきたのに、古くさい話に終わっている。なかなかエビが活躍しない前半の描写は無駄というか、イライラするだけ。もう少し面白い話を考えつけなかったんですかね。監督・脚本のマーク・ロックはB級であることを自覚したためか、あるいはプロデューサーから要求があったためか、下品なだけのセックス描写を入れている。こういうので観客が喜ぶと思って映画を作っているようでは見込みがない。

 IMDBの評価を見ると、6.8。意外に高い評価だが、投票しているのは15人。アメリカでは公開していないらしい。

OK キャンセル 確認 その他