2004/03/07(日)「K-19」

 「父上と同じように収容所送りになる。あなたは軍歴を失う」

 「我が家はそういう伝統らしい」

 モスクワへの命令違反により害が及ぶことを案じる副艦長リーアム・ニーソンに対し、艦長のハリソン・フォードがさらりと答える。急造の原子力潜水艦K-19で起きた放射能漏れ事故で艦内は放射能汚染が進む。乗組員7人が“レインコートと同じ”ケミカルスーツで原子炉の修理を行い、被曝する。これ以上、乗組員を危険にさらせないと、ハリソン・フォードは軍務違反を決意するのである。

 最初はハリソン・フォードにしては珍しい悪役かと思っていたら、最後でこういう逆転が待っていた。キャスリン・ビグローは分かっているなと思う。女性なのに、「マスター・アンド・コマンダー」のピーター・ウィアーよりよほど分かっている。

 それにしてもひどい事故である。冷戦時代のタワケタ行動とはいえ、原子力潜水艦によって米軍に示威行動をするのがK-19の任務なのである。核兵器も積んでいるし、炉心溶融に至ったら、広島の原爆投下以上の惨事になるところだった。チェルノブイリ事故の際にも冷却水の中に飛び込んだロシア人がいたが、この映画で描かれるケミカルスーツでの補修も同じようなものだ。ちらりとうかがえる反共テーマを割り引いても、緊張感あふれる傑作だと思う。

OK キャンセル 確認 その他