2000/11/22(水)「グリーン・デスティニー」

 小野不由美の「十二国記」シリーズはチャン・ツィイーが演じるべきだ、とこの映画を見て思った。最初に登場した時はちょっとかわいいだけじゃないかと思ったが、アクションが凄い(一部吹き替えはある)。勝ち気で強く、慣習にとらわれない現代的な女性を魅力的に演じている。大注目の女優でしょう。

 映画は19世紀初頭の中国が舞台。伝説の名剣グリーン・デスティニー(碧名剣)を操る剣士リー・ムーバイ(チョウ・ユンファ)と彼を慕うシューリン(ミシェル・ヨー)を中心にした話と思われる展開で幕を開け、中盤からガラリと様相を変える。結婚を控える長官の娘イェン(チャン・ツィイー)の長い回想で、ツィイーと盗賊ロー(チャン・チェン)の愛が描かれるのだ。この回想、長すぎて全体のバランスを崩すなと思ったら、原作(「臥虎藏龍」Crouching Tiger, Hidden Dragon)の本筋はこちららしい。

 この原作は全5部作の第4部に当たる。監督のアン・リーはこの原作に第2部(ムーバイが主人公となる話)を加えて映画を構成しているのだった。キネマ旬報でアン・リーは「私自身、年齢的にも生き方の面でもリーやシューリンに近い」と語っているが、これは一種の保険みたいなものだろう。映画は中国、アメリカ合作で製作費1500万ドル。新人のツィイーにすべてを委ねるのには不安もあったのではないか。

 2組の愛が描かれるためでもないのだが、原作を再構成した分、映画の焦点はぼけてしまった。やはりツィイーを中心にした話として描くべきだったように思う。ユンファとヨーの演技は素晴らしすぎて余計とも言えないのだけれど、ストーリーを明確にするのなら、あくまでツィイーの視点で映画化した方が良かったように思う。

 アクションを指導したのは今や“「マトリックス」の”という形容詞がふさわしいユエン・ウーピン。空中アクションは「チャイニーズ・ゴーストストーリー」を彷彿させる出来だ。ヨーのアクションが凄いのは言うまでもないけれど、ユンファの風格あるアクションに感心した。僕はユンファって雰囲気だけの人と思っていました。

OK キャンセル 確認 その他