メッセージ

2013年11月24日の記事

2013/11/24(日)「そして日本経済が世界の希望になる」

 リフレ派のノーベル経済学賞受賞者ポール・クルーグマンによるアベノミクス肯定論。国際ジャーナリストの大野和基がインタビューしてまとめたもので、クルーグマン自身の著書ではなく、日本でのみ発売されているそうだ。まあ、それはそうだろう。まだ途上にあるアベノミクスだけを論じた著書が欧米でそれほど関心を集めるとは思えない。英語のタイトル(クルーグマン自身がつけたものかは分からない)は「The World Looks to Japan's Economy Again」だから、「希望になる」は少しオーバーで「期待する」とか「注目する」というニュアンスだ。

 アベノミクスの三本の矢のうち、クルーグマンが特に評価しているのは金融緩和で、これはかねてからの持論だから当たり前。反対しているのは消費税増税で、「責任ある財政を求める時期尚早の努力は、回復をかえって遅らせ、経済を弱らせる結果を招いてしまう」としている。政府・日銀が掲げる2パーセントのインフレターゲットを達成すれば、公的債務は目減りし、税収も上がっていく。アベノミクスが始まったばかりで消費増税を決めるのは時期が早すぎるというわけだ。クルーグマン自身は4パーセントのインフレが必要としている。

 あくまでインタビューなので、新しさや深い内容があるわけではなく、サラッと読むのに適した本だ。解説で山形浩生が「6月の暴落」と書いているのには少し違和感がある。日経平均株価が1日で1144円も暴落したのは周知の通り5月23日。6月13日に12445円まで下げたから、ここまでの下げの期間を指しているのだろうが、発端となった日を指すのが普通だろう。

レモン収穫

収穫したレモン

 明日は雨になりそうなので、庭のレモンを収穫した。レモンの木は高さ3メートル近くになっていて、収穫用のハサミと高枝切りバサミを使った。高枝切りバサミは初めて使ったが、なかなかに重たいですね。レモンの木にトゲがあるのも初めて知った。

 収穫したのは150個以上。まだ数十個、枝に残っている。全部で200個以上、実を付けたんじゃないかな。緑色で硬いが、香りはいい。そのうち黄色くなるのでしょう。スーパーに並んでいるものより不格好だが、まったくの無農薬(ほったらかし、とも言う)なので安心。一部を出しておいて、残りは保存のため倉庫の冷蔵庫へ入れた。

OK キャンセル 確認 その他