2013/11/04(月)「劇場版SPEC 結 漸ノ篇」

 これまでの物語の振り返りが半分近くで、ストーリーはそんなに進まない。だから前作の「劇場版SPEC 天」は見ておいた方がいいが、それ以前のテレビスペシャル「翔」とテレビドラマ10本、さらにそれ以前を描く「零」まで見ている必要はあまりない(見ていれば、登場人物の性格や物語の背景について理解は深まる)。

 白い服を着たセカイ(向井理)と今回から登場の白い服の女(大島優子)がようやく動き始め、物語が特殊能力を持つスペックホルダーと人間たちとの戦い(人種間戦争)にとどまらないことを明確に描いたところでスパッと終わる。エンドクレジットさえなく、「爻ノ篇」の予告を見せて終わるあたりがいかにも元々1本の映画を2本に分けたという感じがありありだ。いや、むしろそれを積極的に表現しているわけで、1本の映画として成立させようなんて堤幸彦監督らは思っていないのがよく分かる。だから、この作品だけを取り上げてどうこう言っても意味がない。シリーズのファンとしては当麻(戸田恵梨香)や瀬文(加瀬亮)、野々村係長(竜雷太)らのレギュラー登場人物たちの掛け合いを見ているだけで満足で、むしろ早く続きが見たくなる。このシリーズは餃子好きの当麻と、銃弾を撃たれても死なず、まるで不死身の瀬文のバディムービー的な面白さが魅力の一つだ。

 テレビドラマの「SPEC」は警視庁公安部第五課未詳事件特別対策係(未詳と略される)がスペックホルダーの起こす事件を解決していく話だった。一話完結の話と同時に時を止める能力を持つ一十一(ニノマエジュウイチ=神木隆之介)の暗躍が少しずつ描かれるものの、死者を召還する当麻のスペックは描かれなかった。ドラマの各回は「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十干のタイトルが付けられ、最終回は「癸」(き)、つまり「起」に当たった。それに次ぐ「翔」で当麻の左手の能力が初めて描かれ、物語はスケールアップしていく。セカイが登場するのは「天」が初めてである。

 セカイはどうやら神のような存在で、となれば、「爻ノ篇」は「幻魔大戦」などのようにハルマゲドン級の破壊が起こる話になっていくのだろう。「天」の冒頭と最期、今回の冒頭には「猿の惑星」の自由の女神を思わせる、砂浜に埋もれた国会議事堂の前にいる雅(有村架純)が描かれており、破壊的な出来事が起こることは暗示されている。それがどのように描かれるのか、「爻ノ篇」を楽しみに待ちたい。

OK キャンセル 確認 その他