2001/09/11(火)「Red Shadow 赤影」

 かつてのテレビシリーズ「仮面の忍者 赤影」とは別物。いや、影一族が出てくるのは同じだが、怪獣は登場しない。テレビの赤影の魅力は怪獣映画と思わんばかりの怪獣登場シーンにあったわけだから、この映画化、あまり面白くない。しかしそれよりも問題なのはストーリーに骨太なものがないこと。

 最初の30分ぐらいのアホさ加減にはほおが引きつる。かっこいい正義の味方という赤影のイメージぶち壊し。赤影(安藤政信)も青影(村上淳)も軽薄すぎる。唯一いいのは飛鳥役の麻生久美子。もっと活躍させるべきでした。

 敵も味方もボス役には貫禄がある。津川雅彦、神山繁、根津甚八、陣内孝則といった役者は時代劇らしい演技を見せてくれる。しかし、赤影と青影がこれではね。ユーモアに逃げた前半はまったくダメ。笑えないのが致命的。物語らしくなる後半は少し良くなったという印象。最初から、後半のタッチで作れば良かったのだ。

 中野裕之監督の映画は実はこれが初めて。もうちょっと、しっかり作らなきゃダメでしょう。音楽も忍者映画には合わない気がする。

 麻生久美子と奥菜恵は髪型を同じにすると、外国人には見分けがつかないのでは? 顔の形が似てますね。竹中直人は白影役にはぴったり。大凧に乗って登場するシーンはテレビシリーズへのオマージュか。

OK キャンセル 確認 その他