2013/11/26(火)小林信彦のエッセイ

 TSUTAYAからアーティストメール。これ、好きな作家などを登録しておくと、新刊が出る際にメールをくれるのだ。中身は小林信彦が週刊文春に連載しているエッセイの新刊だった。「伸びる女優、消える女優 本音を申せば」(amazon)で、1月に出るそうだ。あれ、例年5月ごろに出るのに来年は早いのかと思ったら、単行本が文庫になるのだった。「伸びる女優、消える女優」というタイトルは単行本にはなかったので紛らわしい。調べてみると、小林信彦の文春のエッセイのシリーズは以下の通りだった。

(1)人生は五十一から 文藝春秋(1999年)
(2)最良の日、最悪の日 人生は五十一から(2000年)
(3)出会いがしらのハッピー・デイズ 人生は五十一から(2001年)
(4)物情騒然。 人生は五十一から(2002年)
(5)にっちもさっちも 人生は五十一から(2003年)
(6)花と爆弾 人生は五十一から(2004年)
(7)本音を申せば(2005年)
(8)昭和のまぼろし 本音を申せば(2006年)
(9)昭和が遠くなって 本音を申せば(2007年)
(10)映画×東京とっておき雑学ノート 本音を申せば(2008年)
(11)B型の品格 本音を申せば(2009年)
(12)森繁さんの長い影 本音を申せば(2010年)
(13)気になる日本語 本音を申せば(2011年)
(14)非常事態の中の愉しみ 本音を申せば(2012年)

 現在までに文庫になっているのは「森繁さんの長い影」まで。今回、文庫になるのは「気になる日本語」のようだ。

OK キャンセル 確認 その他