2002/09/20(金)「アバウト・ア・ボーイ」

 「シングル・マザーは手つかずの金鉱」。シングル・マザーと付き合ってきれいに別れた経験からウィル・フリーマン(ヒュー・グラント)はSPAT(シングル・ペアレントの会)に出かけることになる。ウィルは38歳の独身男。父親がヒットさせたクリスマス・ソングの印税で生活し、働いたことがない。女との付き合いは長くて2カ月。後腐れのない付き合いを求めているわけだ。なんともうらやましいご身分だが、SPATで知り合ったスージー(ビクトリア・スマーフィット)が連れてきた友人の息子マーカス(ニコラス・ホルト)に出会ったことで、気ままだがどこか物足りなかった人生から脱却することになる。

 製作プロダクションは「ブリジット・ジョーンズの日記」のワーキング・タイトルで、今度は30代の男の本音を語る、というのが売りである。だが、モノローグが多いのが似ているのを除けば、「ブリジット…」との共通点はあまりない。「ブリジット…」が等身大の独身女性を主人公にしていたのに対して、ウィルのような生活を送(れ)る男はほとんどいないだろう。ニック・ホーンビィの原作はイギリスでベストセラーとなったそうだが、これは男の本音を語った映画ではなく、軽妙な展開を楽しむコメディ。もちろん、そこにちょっぴり本音も混ぜてある。

 話として面白いのは普通ならマーカスの母親(トニ・コレット)とのロマンスを展開させるところなのに、そうはならず、ウィルは別のシングル・マザーのレイチェル(レイチェル・ワイズ)に一目惚れする。それが中心になるかと思えば、これはあくまでエピソードの一つで映画はウィルとマーカスの関係に焦点を絞っていく。マーカスは学校ではいじめられているが、母親はそれに気づかない。ウィルとマーカスが互いに影響しあって、マーカスのいじめからの脱却とウィルの生き方の見直しをクロスさせていくのがうまい展開である。

 タイトルが少年のように気ままなウィルも指しているのは明らか。ヒュー・グラントにぴったりな役柄だ。監督は「アメリカン・パイ」のポール・ウェイツ&クリス・ウェイツ兄弟。ワイズとスマーフィットがシングル・マザーの魅力を見せて良かった。

OK キャンセル 確認 その他