2021/02/23(火)コードレス電話機買い換え

 9年余り使っていたファクス付き複合機(ブラザー製MFC-J955DN)が壊れた。紙詰まりのエラー表示が出てプリンタが使えない。いくら探しても紙は詰まっていない。もう寿命なのでしょう。電話部分は異常ないのでしばらく使っていたが、ずーっとエラー表示が出ているのも気になるので買い換えた。もはやファクスは不要だから、Panasonicの普通のコードレス電話機(VE-GD37DL-S)にした。

 ポイントは迷惑電話防止機能で、0120や0800から始まる番号の電話は着信拒否ができる(ナンバーディスプレーサービスが必要)。番号非通知や公衆電話からの電話も拒否できるが、公衆電話は家族が外からかけてくる場合があるかもしれないので、これは拒否していない。このほか、迷惑電話を第三者に聞いてもらう「迷惑電話相談」機能もある(個人的には不要)。

 留守番電話のメッセージは「ただいま電話に出ることができません」と流れる。「留守にしています」と流すと、空き巣に狙われるからだろう。

 設置して10日ほどになるが、ほとんど呼び出し音が鳴らない。これは迷惑電話を撃退しているのか、かかってきていないのか分からない。ログを残す機能があっても良さそうなものだが、まあ不要なのでしょう。

 製品を探す際に思ったのは選択肢が少ないこと。中国製を除くと、Panasonicかシャープの製品しかなかった。携帯電話の普及で家電(いえでん)って需要の少ない製品になっているようだ。僕がいつも利用する散髪屋さんの予約電話も家電を廃止して携帯電話になったものなあ。

 日本で営利誘拐など電話を使った犯罪が成立しにくくなったのは電話での身代金要求がほぼ不可能になったためもあるのだろう。映画「太陽を盗んだ男」(1979年)では犯人(沢田研二)がかけてくる公衆電話の場所を特定するために他の電話を一時的にすべて使えなくするという無茶な方法を取らなくてはならなかったが、今は瞬時にたどり着けるのでしょう。第一、公衆電話が激減していますからね。詐欺電話もナンバーディスプレー契約や録音宣言機能でほとんど撃退できると思う。

 書いていて、ふと思ったのだが、「新世紀エヴァンゲリオン」のヤシマ作戦は他の電話を使えなくするというのを電力に置き換えたものではないのか。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」で「太陽を盗んだ男」の音楽を使っていたぐらいだから、庵野秀明はこの映画を相当に好きだったのだろう。発想のヒントになった可能性は大きいと思う。

 ここで追記しておくと、自分の「破」の映画評を読み返したら、「(「太陽を盗んだ男」の音楽は)絵コンテとイメージボードを担当した樋口真嗣の趣味なのだという」と書いていた。すっかり忘れていました。


2019/09/09(月)ラビスタ霧島ヒルズに一泊

 本当は別府にオープンしたインターコンチネンタルホテルに泊まりたかったのだが、9月中はまったく空室なし。さすがに人気ですね。じゃあ、ということで別府ではなく、霧島温泉郷で探し、昨年12月オープンのラビスタ霧島ヒルズを1カ月ほど前に予約した。外観は南欧風の作りで部屋には高級感がある。

ラビスタ霧島ヒルズ。ガーデンプール側からスマホで撮影

 トリップアドバイザーの口コミによると、ここには以前、霧島第一ホテル スパヒルズ(あるいは霧島スパヒルズ)というホテルがあり、その閉館跡に建てられたらしい。古いホテルは閉館前には「1万円以下で泊まれる老朽化したホテル」という評価に落ちていたようだ。ラビスタ霧島ヒルズは北海道から沖縄まで全国にホテルを持つ共立リゾートの九州初進出のホテルとのこと(共立リゾート施設一覧)。4階建て、部屋数105室で、リゾートホテルとしては大きくない。

ホテル正面。ドライブレコーダーの動画から画像切り出し

 古いホテルが低い評価であったにしても、国道223号から400メートルほど坂を上った、名前通りの丘の上にあるロケーションは良い。3人泊まれるデラックスツインの部屋(4階だった)からは桜島と錦江湾が一望できた。広いベランダにはハート型の浴槽(温泉のお湯が出る)がある。1階に大浴場があるのだから、これいらないなと思ったが、家族が大浴場に行った間に入ってみたら、悪くはなかった。

 しかし、気持ち良いのはやっぱり大浴場の方で、リーフレットを引用すると、内湯、露天風呂、寝湯、シルキー湯、打たせ湯、水風呂、ドライサウナ、ミストサウナ、岩盤浴がある。このほか貸し切り湯が3つあり、空いていれば予約なしで入れる。

 ここの売りはペットの犬と一緒に泊まれること。といっても生後6カ月以上で、10キロ以下の小型、中型犬のみ。うちの犬は15キロほどあるので泊まれません。犬が泊まれる部屋は3階の19室。僕が泊まった日は5組が利用していたようだ。

 食事は1階のレストラン。地元食材も利用したイタリア料理のコースで、この日のメニューは以下の通りだった。

・食前酒
 洋梨のカクテル(アルコールなしもある)
・オードブル
 秋野菜のピクルス
 サーモンクリームとブリーニ キャビア添え
 秋太郎の軽いスモークカルパッチョ
 いくらのコンソメジュレ
 黒豚のタン グリーンソース
・パスタ
 三色ニョッキのボロニア風
・パン
 本日のパン2種
・スープ
 マッシュルームのパイ包み焼き
・魚料理
 県産金目鯛のバプールノイリー風味カボスの香り
・サラダ
 秋野菜と真鯖のサラダ
・肉料理
 鹿児島県産黒毛和牛ステーキ赤ワインソース
または
 鹿児島県産黒豚のローストポーク赤ワインソース
・ご飯
 ご飯 お吸い物 香の物
・デザート
 りんごのシブーストとフルーツ添え
 コーヒーまたは紅茶

 お腹いっぱいになったので、うちの家族はご飯はパスした。食事の時間は午後5時20分からと午後7時半からの2回に分かれていて、午後5時20分の方を選んだ。コースを食べ終わるのに1時間半ほどかかったが、宿泊客全員が同じメニューなので、効率は良いだろう。

 ただし、こういう食事だと、連泊が難しくなる。2日間、同じコース料理は食べたくありませんからね。国道沿いには飲食店もあるが、そこまでの行き帰りには400メートルの坂道があり、高齢者には厳しいのではないか。クルマで行けば良いのだろうけど、酒が飲めなくなる。規模の大きなリゾートホテルにはたいてい、洋食と和食、中華など2つ以上のレストランがあるが、105室の客数では難しいのだろう。

 それを除けば、本当に良いホテル。従業員の対応もサービスも良かった。部屋にはコーヒー豆とミルがあり、これで挽いて淹れたコーヒーは深煎りでおいしかった。湯上がりにはヨーグルトやアイスキャンディーのサービスがある。縁日のイベントではサブレをゲットさせていただいた。ありがとうございました、機会があったら、また。

2019/07/13(土)20%還元キャンペーン

 ご存じのようにセブンイレブンでは11日からPayPay、Line Pay、メルペイ合同の20%還元祭りが行われている(21日まで)。期間中の還元額はそれぞれ最大1000円。僕はメルペイを使っていないのでPayPayとLine Payで合計2000円の還元が得られる。

 というわけで今日はジャックダニエルを購入。税込み2361円。Line Payで払ったので23.8%還元(キャンペーンの20%+マイカラー0.8%+コード払い上乗せ3%)。ということは実質1799円で買えたことになる。amazonで調べると、2207円、楽天では1890円+送料598円で2488円だった。コンビニは普通の店より価格が高い場合が多いが、20%還元は問答無用の破壊力がある。

 酒のように輸送中に壊れやすいものや重い物を買う場合、通販サイトではどこも送料がネックになる。amazonはプライム会員なら送料無料と言いながら、ちゃんと送料分を(楽天より安いものの)上乗せしてますからね。酒はネット通販より近所の店で買った方が安い。先日、近くのスーパーで竹鶴ピュアモルトが税込み3240円だったので衝動的に買ってしまった(この価格が普通なんですけどね)。ネットでは5000円近くするのだ。品揃えは少ないものの、普通に飲む酒を買うならスーパーは侮れないと思う。

 今日セブンイレブンに行ったのはnanacoにチャージしているお金でamazonギフト券を買うため。nanacoは還元率が0.5%に下がったので使う気にならない。かといって7Payもたかが1%。あきれるような事件があったので使う人は少ないだろうが、元々還元率1%では3%のPayPayに太刀打ちできない。これを使うのはよほどセブンイレブンが好きな人か、情報弱者な人だけだろう。

 amazonギフト券5000円以上をコンビニ払いで買うと、最低でも1%のポイントが付与される(ギフト券を現金チャージで最大2.5%ポイント)。nanacoをそのまま使うぐらいなら、ギフト券を買っておいた方が賢明ではないかと思う。


2018/12/23(日)ルンバにつながらない

 amazonのサイバーマンデーでルンバ691が安かったので買った。前々から、ロボット掃除機を買おうと思っていたが、思い切れずにいた。使ってみた感想は誰もが言っていることと同じになる。もっと早く買えば良かった!

 ルンバ691はスタンダード機だが、掃除能力は十分と思える。うちは平屋建てで段差もないので、家中を走り回ってきれいにしてくれる。数回走らせたら、ダストボックスがいっぱいになった。ベッドの下あたりは普通の掃除機ではなかなか行き届きませんからね。清掃時間は満充電から1時間40分程度のようだ。
ルンバのアプリ画面


 スマホアプリのiRobot HOMEに対応しているのでインストールして使ってみた。ところが、なかなかつながらない。WiFiには簡単につながったが、スマホとの連携がうまくいかない。タブレット(ASUS ZenPad 10)と家内のスマホ(AQUOS serie mini)、次女のiPhone 7にはつながった。僕のスマホ(AQUOS R2)には何をやっても何回やってもつながらないのだ。「Roombaに接続しています」の画面で止まったまま一向に進まない。

 タブレットと家内のスマホはAndroid 7で僕のスマホはAndroid 9。このバージョンの違いが原因なのか、それとも何かのアプリが影響しているのか。スマホアプリが使えないと、清掃スケジュールの設定とか外出先からの起動とかできないので不便だ。iRobotにはアプリの動作環境を詳しく調べて欲しいものだ。

 そこを除けば、あまりに便利なので実家の高齢の母にも買ってあげたくなった。母はスマホを持っていないので、スマホ機能は不要。雑誌「家電批評」などのサイトthe360.lifeのロボット掃除機は「ルンバ」じゃなくてもいい5つの理由によると、2万円前後の製品でも十分なようだ。ルンバとこうした格安製品の違いはごみセンサーの有無で、ルンバはごみがなくなると、掃除をやめるが、格安製品の場合はバッテリーがある限り掃除を続ける。ただ、あまり大きなデメリットにはならないと思う。

 というわけで、このアンカー製掃除機の購入を検討している。



 ここから追記:AQUOS R2で再度接続手順をやってみたら、つながった。Android 9でもOKということになる。これで接続端末は4台。どこが悪かったのか、よく分からない。今までとの違いは2秒ではなく、長めにボタンを押してみたことだが、これだって決定的な理由ではないように思う。

 実家には結局、ILIFE V3s Proを買った。

2018/11/11(日)SUZ2060とSCZ2060

 12月1日からBS 4K放送が始まるのに加えて、今あるブルーレイレコーダーが8年ほど前に買ったものなので買い換えを検討した(amazonの購入履歴を調べたら、2010年11月13日に購入していた。ちょうど8年だ)。テレビがPanasonicなのでブルーレイもPanasonicがいいだろう。候補となったのは「4Kチューナー内蔵 おうちクラウドDIGA DMR-SUZ2060」(11月16日発売)。これ、amazonだと13万円余りする。

 いろいろ検索しているうちに、同じ11月16日発売でDMR-SCZ2060という機種があるのが分かった。機能を見ると、どちらも違いはない。しかもこれ、amazonでは価格が3万円近く安いのだ。違いは何かと思ったら、価格.comに「DMR-SUZ2060はSCZ2060と同じ物です。」というスレッドがあった。「DMR-SUZ2060は専門店・Net通販モデル、DMR-SCZ2060は量販店専用モデル」なのだそうだ。名前を変えるのはかまわないが、価格まで違うのはどんなものだろう。というか、価格を決めるのは小売店の方なのだが、こんなに価格差があるということは卸売価格も違うのではないかという気がしてくる。

 SCZ2060を楽天市場で検索したら、エディオンの楽天市場店が99,800円で最も安かった。ポイントも10倍付く(これにポイントアッププログラム分を加えると、13,948ポイントとなった)。実質9万円を切る価格になるのですぐにポチった。幸運なことに9、10日の2日間だけのセールだった。

 PanasonicのサイトにはSUZ2060しかないので、これを検索して高い方を買ってしまう人が多いかもしれない。注意が必要です。